ハゲタカのえじき バッティングゲームの名作カードゲーム 被っちゃダメ!! ボードゲーム

 

こんにちはボドゲおじさんです!

今回は「ハゲタカのえじき」というゲームを紹介します

このゲームはかなり昔からある(1988年)超有名カードゲームです。バッティングゲーム(同じものが被る)という分類になります。有名なゲームデザイナーのアレックス・ランドルフさんの作品です。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~6人 ゲーム時間 15分

ボードゲーム ハゲタカのえじき 箱の写真

 

下の写真に出てくるこの15枚のカードを獲得していくことを目指していくゲームです。獲得した数字の合計が一番高いプレイヤーの勝利です。

海外版ははハゲタカではなくネズミの絵なのですが、日本版はハゲタカの絵になってます。(ハゲタカの餌食になるのはネズミなのに・・・)

ゲーム準備

ボードゲームハゲタカのえじき カード

各プレイヤーは1~15までの数字カードを持ちます。

ルール説明

山札からはげたかのカードが1枚めくられたら、各プレイヤーは同時に自分のカードを1枚出します。一番大きい数字を出したプレイヤーがハゲタカのカードを獲得します。

ボードゲーム ハゲタカのえじき プレイ写真

もし同じ数字になったときは、次に大きな数字を出したプレイヤーが獲得します。下の写真の場合10の数字のプレイヤーが獲得です。

マイナスの数字の場合は一番小さい数字を出したプレイヤーがカードを引き取ります。

ボードゲーム ハゲタカのえじき プレイ写真

この場合も同じ数字が被ったときは、2番目に小さい数字を出したプレイヤーがカードを引き取ります。

下の写真の場合は2も3も被っているので、誰もカードを取れないので、もう一枚ハゲタカカードをめくり、各プレイヤーは再びカードを出します。

下の写真の場合-4+7=3点のカードとして、各プレイヤーは各自のカードを再び出します。

これを15回行って終了です。合計点を計算し優勝者を決めます。普通は各ゲームごとに点数を記録しておき、何回かのゲームの合計で争うことが多いですね。

感想

ルールは単純なのですぐプレイできます。ボードゲームを知らない人やボードゲーム初心者に勧めて下さい。楽しめると思います。この単純さが良いですよね。重量級ボードゲームは確かに面白いものが沢山ありますが。しかし、こういう軽いゲームもすごく良いです。また久しぶりにプレイしてみたいです。

アレックス・ランドルフさんの他の作品の紹介です

以上「ハゲタカのえじき」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

ハゲタカのえじき (Hol's der Geier) 日本語版 カードゲーム

新品価格
¥1,200から
(2018/10/4 15:15時点)

ハゲタカのえじき ドイツ語版

新品価格
¥1,878から
(2018/10/4 15:16時点)

楽天

【メール便発送可】ハゲタカのえじき 日本語版【新品】 カードゲーム アナログゲーム テーブルゲーム ボドゲ

価格:1,500円
(2018/7/31 14:32時点)
感想(3件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事