ごきぶりポーカー 傑作ブラフ系カードゲーム 嫌われ者を押し付けろ! ルール説明 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです

今回は「ごきぶりポーカー」の紹介です。

有名なカードゲームで、相手の心理を考えてカードを出していく私の大好きなゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数2人~6人 ゲーム時間 20分~30分

嫌われ者の生き物が8種類います。この嫌われ者たちを他のプレイヤーに押し付けることがゲームの目的です。

各生き物は、8枚ずつあります。ゴキブリのカードを見てわかる通り、各カードが全て異なるイラストになっています。つまり8種類×8枚=64枚のカードのイラストが全て異なります、このこだわり素晴らしいですよね。

カードの裏側です、8種類の嫌われ者が描かれています。

ルール説明

64枚のカードを全て、各プレイヤーにほぼ均等になるように配ります。スタートプレイヤーは、誰でも良いので、他のプレイヤーを指名し、カードを裏向きに出します。ここでカードを出したプレイヤーは、

「これは、〇〇〇です」と(〇〇〇の部分は、生き物の名前です)と宣言します。当然本当のことでも嘘でもどちらでも構いません。

指名されたプレイヤーは、次の2つのうちどちらかを答えます。

「はい、このカードは〇〇〇です」

または

「いいえ、このカードは〇〇〇ではありません」

と答え、その後カードを表にします。



例えば下の写真のように、「これはネズミです」と言って「はい、ネズミです」と正解だった場合、このカードはカードを出したプレイヤーのものになります。「いいえ、ネズミではありません」と不正解だった場合、カードは指名されたプレイヤーのものになります。獲得したカードは自分の前に表向きに置きます。

カードを獲得したプレイヤーが、次の宣言をして他のプレイヤーにカードを裏向きに出して宣言します。これを繰り返していきます。

ある生き物のカードが4枚になったプレイヤー負けです。

バリエーションルールとして、8種類全部揃った場合も負けというのもあります。

感想

ルールはこれだけです、簡単すぎますよね!でも、これだけなんですが面白いです!!ボードゲーム初心者の人たちとやったら大盛り上がりでした。その場の状況またその人の性格から、言っていることは本当なのか、嘘なのかを考えるそれだけなんですが、なぜか盛り上がるんです!?

いくら考えても、考えれ考えるほど分からなくなります。冷静に確率から言ったら、50%なのに・・・。不思議です、面白い!

 

下の写真で、「このカードはごきぶりです」と言われたら、なんと答えたらいいでしょうか?

心理戦のボードゲーム

 

おじさんの独断ボードゲーム評価9点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

Drei Magier ごきぶりポーカー

新品価格
¥1,700から
(2018/10/17 16:38時点)

楽天

ごきぶりポーカー 日本語版

価格:1,800円
(2018/9/9 12:11時点)
感想(0件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事