ゼロの恐怖(Null&nichtig) ボードゲーム カードゲーム 0を誰かに押し付けろ!

 

今回は「ゼロの恐怖」というカードゲームを紹介します。

あまり知ってる人は少ないかもしれませんが、独特な感覚が味わえるトリックテイキングのカードゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 3人~5人 ゲーム時間 30分

下のように0から11までのカードがあります。ただし0は2枚ありますので計13枚です。

このカードの組が全部で5色あるので、計65枚のカードをシャフルして各プレイヤーに13枚ずつ配ります。各プレイヤーは13枚の中から好きなカード3枚を選び自分の前に置きます。同じ色は重ねて置きます。

このゲームは、各色の一番上のカードの合計点が一番高いプレイヤーの勝利となります。

ルールを説明します

最初に、各プレイヤーはスタートプレイヤーから順番に、1枚ずつカードを自分の前に置きます。出すカードの数字色は関係ありません、好きなカードを出すことが出来ます。一番大きな数字のカードを出したプレイヤーが場に出たカードを獲得します。下の写真の場合は赤の9を出した左上のプレイヤーがカードを獲得します。

ここが大事なポイントです。獲得したカードを自分のカードから時計回りに順番に取り自分の前にカードを置いていきます。同じ色のカードはすでに場に置いてある同じ色のカードの上に重ねます。

左上のプレイヤーは上の結果から、下の写真のようにカードを置きます。

もし、同じ数字のカードを出した場合は、一番先に出したプレイヤーが場のカードを獲得します。下の写真の場合、もし下のプレイヤーから順番にカードを出したとすると、獲得するのは赤2を出した下のプレイヤーがカードを獲得します。

なぜ、先に出したプレイヤーがカードを獲得するルールになるのか??そうしないと最初に0を出したプレイヤーは、カードを必ず他のプレイヤーに押し付けることが出来てしまうからです。

下の写真の場合、下のプレイヤーが最初に赤の0を出しても、もし他のプレイヤーが全員0を持っているならば、最初に出した下のプレイヤーが、赤・紫・青の0を受け取ることになり、大きな減点になるからです。0を出したからといって必ずしも他人に0を押し付けることは出来ないようになってます。

これを10回繰り返し合計を計算します。

下の写真の場合、0+7+9+2+6=24点です。一番点数の高いプレイヤーが優勝です。

感想です

このゲームでは、自分は高い数字を上書きできるようにしていき、他のプレイヤーの数字は小さくしていくので、いつカード獲得するのかあるいはわざと他のプレイヤーに低いカードを押し付けるのか、なかなか悩みます。数字だけではなく色も5色あり、相手がどうのようなカードを出すかもわからないので、場をコントロールするのはかなり難しいのではないでしょうか。0が10枚あるのでどこで0を出すのかも迷います。

とにかく、ちょっと変わったトリックテイキングのカードゲームを楽しみたい方はぜひプレイしてみてください。

以上「ゼロの恐怖」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

 

楽天

アミーゴゼロの恐怖カードゲームNull & Nichtig・お取寄

価格:4,428円
(2018/7/31 11:45時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事