ワードスナイパー 言葉系 傑作カードゲーム お題に合った言葉を早く言おう 反射神経 ルール説明 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです

今回は、前に参加したボードゲーム会でプレイして面白かったので、早速買ったゲーム

ワードスナイパー」の紹介です。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~6人 ゲーム時間 10分~20分

ワードバスケット」と似ていて、言葉を捜し早く言った人がカードを獲得するゲームです。2019年続編の「ワードスナイパーイマジン」発売されます。

下が文字カード、右上がそのカードを獲得した時の点数です

下の写真のような、文字もあります。

下の写真のように、文字カードの裏はお題カードになっています。

ルール説明

ゲームは3つの遊び方があります

1番目 「ワードスナイパー」

お題カードを山札とします。1枚めくり横に置きます。各プレイヤーは「と」ではじまる「学校で使うもの」というものを早く言葉で言ったプレイヤーがこのカードを獲得します

もし、誰も言葉をいつかない場合は、次のカードをめくり横に置きます。すると、お題も変わります。今度は「と」または「つ」で始まる「人間の体の一部」を言います。言えたプレイヤーが各カードを獲得します。もし、これでもない場合はさらにカードをめくります。

山札が無くなったときに、カードの合計得点が一番高いプレイヤーの勝利です。



2番目「ワードスナイパー リバース」

今度は逆に、文字カードを山札として、お題カードを5枚めくり置きます。この状態からスタートします。

文字カードを1枚めくりお題カードの横に新たに置きます。各プレイヤーは「つ」で始まるお題に合った言葉を早く言います。

例えばお題「県庁所在地」で「つ」と言ったプレイヤーはお題カードと「え」のカードを両方取ります。

お題カードはそのままの向きで最後まで持っておきます。最終得点でお題カードは2点、文字カードは右上の数字が得点です。

また山札から1枚めくりお題カードが6枚の状態で再び開始し、山札が無くなったら終了です。

3番目「ワードスナイパー マルチターゲット」

お題カードを山札とし、文字カードを5枚並べます。

山札を1枚めくりスタートします。「お題カード」に合う言葉を、出ている文字カードのみを使って早く言ったプレイヤーが、「お題カード」と言った「文字カード」全てを取ります。誰も言えない場合は、1枚山札をめくります。

山札が無くなったら終了です。得点計算をします。



感想

このゲームは最初に書いたように「ワードバスケット」と似ているのですが、「ワードバスケット」のように、しりとりで3文字以上というのがないので、言葉の制限が緩いところがあって、各プレイヤーは良い勝負になり非常に面白いと思いました。

ワードバスケット」だと強い人がいると全然勝てませんし、なかなか言葉が出ないで膠着状態になることがありますが、この「ワードスナイパー」はその点もスムーズに進行し盛り上がります。ぜひ、一度プレイしてみて下さい。ボードゲーム会の最初などかなりおすすめです。

以上「ワードスナイパー」の紹介でした。

似ている言葉系ゲーム

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

ワードスナイパー

新品価格
¥1,650から
(2018/10/4 15:12時点)

 楽天

ワードスナイパー

価格:1,650円
(2018/8/3 10:02時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事