今回は「ヴァンパイア・クィーン」の紹介です。

夜が明ける前に、ヴァンパイアハンターに狩られてしまう前に、仲間のヴァンパイアを棲家に帰らせなければなりません。

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 3人~12人 ゲーム時間 30分

ヴァンパイアカードです。1から13までのカードが8枚ずつあります。

下の写真が特殊カードで、左が20中央が15のヴァンパイアハンターカード、右がヴァンパイアクィーンカードです。

ヴァンパイアハンターカードだけは、両面表となっています。つまりどのプレイヤーがヴァンパイアハンターカードを持っているか、ゲーム中常に分かっているということです。ヴァンパイアハンターハンターカードについては後程説明します。

ヴァンパイアクィーンカードはワイルドカードで、どの数字としても使えます。下の写真の場合は、8の3枚のカードとなります。単独で1枚の場合は14のカードとなります。

ゲームの目的は、出来るだけ手札を減らすことです。残った手札の数字の合計が失点になります(ヴァンパイアを棲家に帰すことが出来なかった)。

もしステージ終了時に、ヴァンパイアクィーンとヴァンパイアハンターが手札にあった場合は、ヴァンパイアクィーンは14失点、ヴァンパイアハンターは15失点・20点失点となります。手札を全て無くしたプレイヤーが出た時点で1ステージ終了です。これを5ステージ繰り返します。

ルールの説明をします

カードをよくシャフルして、各プレイヤーに13枚ずつ配ります(~8人プレイの時)。1名ランダムに15のヴァンパイアハンターカードを受け取るプレイヤーを決めます。そのプレイヤーは15のヴァンパイアハンターカードを手札に加えます。そのプレイヤーの左隣のプレイヤーは、20のヴァンパイアハンターカードを受け取り、スタートプレイヤー(親)となります。

スタートプレイヤー(親)は、カードを1枚以上出します、2枚以上出すときは数字が同じカードを出していきます。次のプレイヤーは、同じ枚数で前のプレイヤーより大きな数字のカードを出していきます。出せない場合はパスします。これを1廻りして1ラウンド終了です。場に出たカードはすべて裏側にして捨て札とします(ヴァンパイア達は棲家に帰れたということになります)。

一番大きな数字のカードを出したプレイヤーが次のスタートプレイヤー(親)になります。

下の写真は2枚セットで出した場合です。

ヴァンパイアハンターカードについて説明します。

自分が最初にカードを出すいわゆる親の場合に、ヴァンパイアハンターカードを持っているならば、ヴァンパイアハンターカードを1枚出します(単独で1枚しか出せません)。ヴァンパイアハンターカードが出た場合は、通常のラウンドとルールが異なります。

各プレイヤーは1枚のカードを出しますが、その数字は前のプレイヤーより大きくなくても構いません、好きなカードを自由に出せます(ヴァンパイアハンターカード以外)。このターンでは、ヴァンパイアハンターカードの数字は0となります。ヴァンパイアクィーンカードは1となります。1番大きな数字のカードを出したプレイヤーは、その場に出たカードを全て手札として受けとらなくてはなりません。(ヴァンパイアハンターカードも手札に加えます)

カードを受け取ったプレイヤーは、スタートプレイヤー(親)となります。ただし、獲得したヴァンパイアハンターカードは、すぐ次のラウンドでは使用することが出来ません。

ラウンドを繰り返し、手札をなくしたプレイヤーが出た時点で1ステージ終了です。各プレイヤーは合計失点を計算して記録しておき、次のステージに入ります。ヴァンパイアハンターカードは、そのステージで手札に持っていたプレイヤーが継続して次のステージに持ち越して手札として持ちます。次のスタートプレイヤーは、20のヴァンパイアハンターカードを持っているプレイヤーとなります。

これを5ステージ繰り返し、ゲーム終了です。1番合計失点が小さいプレイヤーの勝利となります。

感想です

何と言ってもゲーム人数最大12人と言うのが凄いです。ただ、実際12人でプレイするとどうなるのでしょうか?

出来るだけカードを減らすことが目的なのですが、前のプレイヤーより大きな数字のカードを出さなけれならないので、小さい数字のカードを減らすために、ラウンドを勝利して小さい数字カードを出していく必要があります。

では、大きい数字が手札にあるプレイヤーが有利かというと、ヴァンパイアハンターカードが出されたときに、小さい数字が無いとヴァンパイアハンターを受け取ることになりますので、大きい数字ばかりでも勝てません。(まあ、持っていれば再使用出来ますが・・・)ヴァンパイアハンターをもったままステージが終わってしまうと大失点となるので、なんとかラウンドに勝利して、ヴァンパイアハンターを場に出さないと・・・。

ヴァンパイアクィーンは、ワイルドカードとして使えるのと、ヴァンパイアハンターが出たときに1のカードになるので、非常に便利なカードとなります。ヴァンパイアハンターが出るまで待つか、ワイルドカードとして3枚以上のセットとして出すか迷います。

非常に面白い要素をもったカードゲームだと思います。少し「ペッパー」というゲームに似ているところもありますね。ぜひプレイしてみて下さい。

以上「ヴァンパイアクィーン」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

バンパイアクイーン

価格:1,400円
(2018/9/11 09:26時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事