数年前、某国会議員が日本のスーパーコンピューターの件で「2位じゃダメなんですか?」と言って話題になりましたよね。

今回のゲームはお題はそのまま「2位じゃダメなんですか?」を紹介したいと思います。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~6人 ゲーム時間 25分

簡単なルール説明をします

まずコマの色をえらびボードの0の位置に置きます。下の写真のカード(全部で32枚)をよくシャフルして各プレイヤーに5枚ずつ配ります。残りのカードは使いません。

各プレイヤーはカードを1枚選び裏のままで自分も含めてどのプレイヤーでもいいので、そのプレイヤーの前にカードを置きます。全員がカードを置いたら、一斉にカードを表にします。各プレイヤーは自分の前に置いてあるカードの合計分だけコマを進めるか・後退させます。

例えば、Aさんの前に+3と-1のカードが置かれた場合Aさんは2だけコマを進めます。これを4回繰り返します。最後に1枚残ったカードだけは自分の前に表にだし、その分だけコマを進めます。つまり5回繰り返して、これで1ラウンド終了です。

1ラウンド終了後上の写真のようになったら、2位の赤いコマのプレイヤーだけが4点得点することができます。他の全てのプレイヤーは0点です。

下の写真の場合は、白と黄色のコマのプレイヤーが-1点他のプレイヤーは0点です。

1ラウンド終わったらコマを0に戻し、また32枚のカードをシャフルし5枚ずつ配ります。これを5ラウンド繰り返してゲーム終了です。そして合計得点の一番多いプレイヤーが勝ちです・・・なんてことはありません。このゲームは「2位じゃダメなんですか?」ですよね・・・その通りです。合計得点が2位のプレイヤーの優勝です。「え~~」って1位のプレイヤーが悔しがるかもしれませんが、いっぱい得点しても1位になったらこのゲームは負けなんです。ちょと有り得ないゲームよね!?



ゲームの感想です

だから各ラウンド全部2位になれなくて総合得点0点でも、2位で勝ててしまうこともあるゲームなんです。すごいゲームですよね。このゲームは自分でコントロールして勝ちに持っていくということはかなり難しいゲームです。正直運の要素も大きいゲームです。でも、その思いどおりにならない感覚がちょっと不思議で面白いです。気軽に短時間で終わるのでパーティゲームとしては盛り上がりと思います。

運が強めのゲームはあまり好きでない方はバリアントルールがあります。

各数字のカードには左下に1~32までの小さい数字が書いてあります。バリアントルールでは、まずカードを自分の前に裏で出し、一斉にカードを表にし左下の数字が小さいプレイヤーから順番に一人のプレイヤーの前にカードを置いていくというものです。このルールだと、各コマの動きを見ながら自分の手番で誰の前にカードを置くか選べます。私はバリアントルールではプレイしていないんですが、想像するとに基本のルールよりもかなり戦略的なゲームになると思います。

以上「2位じゃダメなんですか?」でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

二位じゃだめなんですか・ [並行輸入品]

新品価格
¥2,760から
(2018/10/7 12:02時点)

 楽天

ボードゲームカタログ 202 [ すごろくや ]

価格:1,944円
(2018/7/17 14:39時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事