今回は「HANABI(花火)」の紹介です。

カードゲームでコンパクトな外見ですが、2013年ドイツゲーム大賞を取ったボードゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~5人 ゲーム時間 40分

ゲーム準備

赤チップが3枚と青のチップが8枚あります。赤チップは、カードを配置に失敗した時に箱に入れます。青チップはヒントを出すときに使うチップで、ヒントを出すたびに箱から出します。

下が、花火カードです。左上に数字が書いてあります。各色ごとに1が3枚・2が2枚・3が2枚・4が2枚・5が1枚の10枚あります。

5色ありますので、カードは合計で50枚あります。

ゲームの目的は、各色の花火カードを1から5まで昇順(小さい数字から大きい数字)に並べることです。

ルールを説明します

花火カードをよくシャフルして、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。この時大事なのは、各プレイヤーは自分のカードを見てはいけません。裏向きのまま、カードスタンドなどに立てて、他のプレイヤー全員に見えるように配置します。

手番で出来るのは、以下の3つです。

1.情報を1つ教える。

プレイヤーは箱の中の青チップを1個取りだし、赤チップの横に置きます。プレイヤーは、他の1人のプレイヤーの手札について情報を教えることが出来ます。

その情報は、2つのうち1つを教えます。

① カードの色 手札にある1色全ての位置

例えば、下の写真の場合、「左から2枚目と4枚目は赤です」と教えます

② カードの数字 手札にある同じ数字の全ての位置

例えば、下の写真の場合、「左から1枚目と5枚目は3です」と教えます。

いずれの場合も、すべての情報を教えなければいけません。

2.カード1枚を捨て札にする。

青のチップを1個箱に戻します。その後、手札のカードを1枚捨て、山札から1枚引きます。捨てたカードは表にして捨てます。

このアクションは、箱の中に青チップがあるときは実行できません。他のアクションを行います。

3.カード1枚をプレイする。

自分の手札から1枚取って、場に置きます。置く方法は、同じ色がない場合は1の数字のカードを置きます。場にすでに同じ色のカードがある場合は、その数字より1つ大きい数字のカードを置きます。

もし、出したカードが、上の条件に合わない場合は、そのカードを捨て札にして、赤いチップを箱に入れます。

ある色の花火が1から5まで揃ったときは、ボーナスとして、青のチップを1個箱に戻せます。



終了条件

  • 3枚目の赤のチップが箱に入った時(3回手札のプレイを失敗した時)
  • 5色全ての花火が1から5まで揃った時
  • 山風だのカードが無くなったときは、各プレイヤーは1回ずつ手番を行う

得点計算

5色ある各花火カードの1番大きい数字を足します。その合計が得点です。得点によって以下の評価になります。

5点以下 ひどい。観衆からヤジが飛ばされる

6~10点 平凡 拍手がちらほら

11~15点 素晴らしいが、記憶に残らない

15~20点 非常に素晴らしい。観衆も大喜び

21~24点 極上の出来。皆の記憶に長く残る

25点 伝説級。 誰もが目を輝かせ、言葉を飲み込む

感想です

ルールが簡単なのに、ドイツゲーム大賞をとったゲームです。情報を教える時以外は、しゃべらないというルールが本当のルールだと思いますが、それ以外はヒント以外であれば自由に話して構わないと思います。

なかなか25点は難しいです。ヒントを出すにもを使います。協力ゲームなので、達成したときはうれしいですね!ただ、何回も繰り返して遊ぶゲームでもないかなという気がします。ゲーム会の最初などにいいかも知れません。

以上「HANABI(花火)」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

花火 (Hanabi) 日本語版 カードゲーム

新品価格
¥2,500から
(2018/10/7 11:03時点)

楽天

[再販予約:11/下旬]花火(Hanabi) 日本語版

価格:1,728円
(2018/10/7 11:04時点)
感想(0件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事