JUSTONE(ジャストワン) ルール&レビュー 2019年ドイツゲーム大賞 1語でヒントを作ろう! 言葉系 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「JUSTONE(ジャストワン)」の紹介です

2019年ドイツゲーム大賞を取ったボードゲームです。

あるお題から連想する言葉をちょうど1語で表現しましょう!みんなで楽しめるパーティ系ボードゲームです。

ジャストワン

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 3人~7人 ゲーム時間 20分

ゲームの概要

回答者がお題を1つ選びます。回答者自身はお題を知りません。

他のプレイヤーはそのお題を見て回答者がそのお題を答えられるようなヒントを書きます(単語1つで)。

ジャストワン

回答者以外のプレイヤーでヒントを確認して、同じヒントの場合はそのヒントは回答者に見せることが出来なくなります。

回答者は重ならなかったヒントを見てお題を答えます。

これを13回繰り返し、何回正解できるのかに挑戦する協力ゲームです。

ゲーム準備

ペンとヒントを書くイーゼルです。

ジャストワン

お題カードです、110枚あって各カードに5つ書いてあります。

各プレイヤーにペンイーゼルを1個ずつ配ります。

お題カードを良くシャフルして山札として中央に置きます。

以上で準備完了です。

ルール説明

1人の回答者を選びます。

1.ヒミツの言葉を選ぶ

回答者は、お題カードの山札を1枚めくりイーゼルに置きます。回答者はカードの表を見てはいけません。

回答者は1番から5番までの好きな数字を宣言します。その番号が今回のお題になります。

2.ヒントを選ぶ

回答者以外のプレイヤーは回答者がお題を答えられるようなヒントを考えてイーゼルに書きます。

ヒントは基本的に1つの単語で表現します。

「赤い靴」などのヒントはNGです。

3.ヒントを比べる

回答者以外のプレイヤー全員がヒントが書き終わったら、一斉にヒントを公開します。回答者はまだヒントを見ることが出来ません。

プレイヤー同士でヒントを見て、同じヒントがあるかどうかを確認します。同じヒントがあった場合は、その同じヒントを出したイーゼルを伏せます。(つまり回答者は重なったヒントを見ることが出来ません)

4.ヒミツの言葉を当てる

回答者は並んだヒントを見てお題を当てます。

当たれば成功、外れれば失敗です。

回答者が左隣に移ります。

これを13回繰り返します。

ゲーム終了条件

13回繰り返して終了です。

得点計算

協力ゲームなので13回中何回成功したかで評価します。

13回はパーフェクトで素晴らしい!

感想

非常に簡単なルールですが、やはりみんなでプレイすると盛り上がりますね!パーティ系ボードゲームの代表となりそうなボードゲームです。

みんなが思いつきそうなヒントはやはり重なる恐れがある、しかしあまりヒントが離れてはダメ・・・。丁度良く重ならないヒントを考えるのがなかんか難しい・・・。

下の写真は実際のゲーム中のヒントですが答え分かりますか?

ジャストワン

 

 

答えは「ハリウッド」です。皆さん分かりましたか?

ジャストワン

ぜひ一度プレイして欲しいボードゲームです。

以上「ジャストワン」の紹介でした

Amazon

ジャスト・ワン 完全日本語版

新品価格
¥3,080から
(2020/2/21 10:27時点)

 

言葉系ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事