今回は「CONEX」の紹介です。

とてもカラフルな色合いのきれいなゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 20分~30分

下の写真は、左から2倍アクションスター・雷スター・シンボルダイスです。

ポイントテーブルです。各プレイヤーの色のマーカーをスタートに乗せます。

得点するごとに、このマーカーを進めていきます。

ルールの説明をします。

カードを各プレイヤーに5枚ずつ配り、残りは山札として置きます。

まず、ポイントテーブルを中央に置きます。

手番のとき、プレイヤーは次の2つのうちどちらかを選択します。

1.カードを1枚場に置きます。カードの数字が描いてあるところを、色がちょうど合うように置いていきます。重ねた数字の点数が入ります。

下の写真の場合は、4ポイント入ります。マーカーを4進めます。

2.山札からカードを2枚取って手札に加える。

終わったら、次のプレイヤーの手番となります。

これを、各プレイヤー順番に繰り返していきます。

ただし、次の場合はカードを置くことが出来ません。

カードを置くことによって、1枚以上のカードに重なってしまう。

下の写真のように、黄色のカードが複数のカードに重なっています。このような置き方はダメです。

決められた範囲(テーブルの外など)の外にはみ出してしまう。

下の写真のように、赤いカードを置くことは出来ません。

カードの中にはサイコロのマークがあるカードがあります。(上の写真のカード)

そのカードを置いたときに、置いたプレイヤーはサイコロを振ります。出た目によって、以下のようなアクションが出来ます。

下の2つの雷スター・2倍スターはもらった時にすぐ使うことは出来ません。次の手番から使えます。

2倍スターの使い方

2倍スターを自分の手番のカードを置く前に、場にあるカードに置きます。そのカードに繫がるようにカードを置くと、得点が2倍になります。

下の写真の場合、赤いカードを置いたプレイヤーは、3点✖2=6点 入ります。

雷スターの使い方

自分の手番で、カードを置く前に雷スターをカードの上に置くと、そのカードを消すことが出来ます。消されたカードは箱にしまいます。

そして、その代わりに自分の手札のカードをそこに新たに置くことが出来ます。

下の写真のように、新しい黄色のカードを置きました。

下の写真の緑のカードのマークは、+2点カードです。

このカードの上にカードを置くと(+2点カードを置く時ではありません)、追加で2点もらえます。

下の写真の場合、3点+2点=5点 になります。

この様にして、カードを置いていきます。プレイヤーが得点テーブルの最終地点に到着または通過したとき、またはプレイエリアにカードが置けなくなった時ゲーム終了です。

1番得点の多いプレイヤーの勝ちです。

感想です

ルールは簡単、カードを見たらすぐやることが分かりますよね!きれいなので、インスタ映えしそうなゲームです。ただ、スペースをかなり取るゲームなので、広い場所で遊びましょう。

ゲーム会の最初や、ゲーム初心者の方にお勧めのゲームです。ぜひプレイしてみて下さい。

今日は「CONEX」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事