今回は前の初心者におすすめのボードゲームのときに書きました、ワードバスケット」についての紹介です。面白いのに、ルールは簡単、初心者の人もすぐ出来ます。人数も8人まで、大体5分ちょっとで終わるので何回もできる素晴らしいゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~8人 ゲーム時間 5分~10分

下の写真のように1人が5枚のカードを手札にし、残りは山札とします。カードにはひらがなが1文字書いてあります。ゲーム開始の時に山札から1枚カードを箱のなかに表にして入れます。

各プレイヤーは「ひ」で始まって手札のひらがなで終わる言葉を言ってそのカードを箱に入れます。例えば上の例では、「ひこうき」と言って「き」のカードを入れます。すると下の写真のようになります。

今度は各プレイヤーは「き」から始まり手札のカードで終わる言葉を言っていくきます。言葉は3文字以上でなければなりません。しりとりのルールに違反して出した場合、そのカードを手札に戻しペナルティーとして山札のカードを1枚引いて手札に加えます。また、どうしても出すカードがない場合はすべてのカードを「〇枚捨てます」と言ってすべての手札を箱に入れ【捨てた枚数+1】だけ山札から取ることもできます。そして捨てたカードの言葉からゲームを続けていきます。

そのようにして手札を全て出し切ったプレイヤーの勝利です。ただし手札残り1枚の時は4文字の言葉を言わなけれいけません。

その他にも下の写真のように、何枚か特殊なカードがあります。

左から「け」で始まる7文字以上の言葉・6文字ちょうどの言葉・5文字ちょうどの言葉・あ行(か行~わ行まである)で終わる言葉を言うというカードです。

感想です

とにかくこのゲームを始めると、頭の中がぐるぐる回転している感じがします。でも言葉が3文字くらいでもなかなか出てこない、もどかしさが味わえます。早い人は凄く早いです。ボキャブラリーの数が全然違うと思ってしまいすね。前回プレイした時はひとりの人がとても強く私は1枚出せるか1枚も出せないくらいの完敗でした。何回かやればもう少しは強くなれるかもしれません。しかしこのゲーム私は弱いです・・・。

単純なのですが何故か面白いんです、大勢でワ~とみんなで楽しい時間を過ごすことが出来ます。ボードゲームが初めてという人に紹介してみてください、きっと楽しんでもらえると思います。

似ているゲームに「ワードスナイパー」がありますので、興味ある方は「ワードスナイパー」の紹介も見て下さい。

ワードスナイパー」の紹介はこちら

以上「ワードバスケット」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム

新品価格
¥1,000から
(2018/10/4 15:23時点)

楽天

ワードバスケット カードゲーム

価格:1,200円
(2018/7/27 10:03時点)
感想(9件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事