エスカレーション トリックテイク系カードゲーム どんどん数字を上げていけ!ルール説明 ボードゲーム

 

こんにちは!ボードゲーム

今回は「エスカレーション」の紹介です。

ゲームデザイナーは、ライナークニッツアです。ドンドン大きな数字を出していくカードゲームです。正にエスカレーションですね

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~6人 ゲーム時間 15分

カードは1~13までと、下の段の左のワイルドカード(1~7まで)で1から7までの好きな数字を宣言出来ます。右は、パスカードで、出すと自動的に次のプレイヤーに手番が移ります。

ゲームの目的は、出来るだけカードを取らないことです。

ルールを説明します

全てのカードをよくシャフルして、山札とします。各プレイヤーに5枚ずつカードを配ります。

スタートプレイヤーから順番にカードを出していきます。出すカードは何枚でも構いません。ただし複数のカードを出すときには、同じ数字でなくてはいけません。出した後は、手札が6枚になるように山札から補充します。

次のプレイヤーは前のプレイヤーより大きい数字のカード(複数のカードの場合はその合計値)を出さなくてはいけません。パスカードを出した場合は、その次のプレイヤーに手番が回ります。もし、カードを出せないまたは出したくない場合は、場にあるカードを全て引き取ります。引き取ったカードは裏にして自分の前に置きます。裏になったカードの枚数が失点となります。

カードを引き取ったプレイヤーから新たにカードを出していきます。山札が無くなり、1人のプレイヤーの手札が無くなった時点でゲーム終了です。

受け取ったカードの枚数を記録します。これをプレイヤー人数の回数繰り返し、総合点数の1番少ないプレイヤーの勝利です。

 


感想

非常に簡単なルールのトリックテイクのゲームです。小さな数字カードでも複数持っていれば出すことが出来ますので、大きな数字カード1枚よりそのようなカードをうまく揃えていくことも重要です。手軽に出来るカードゲームといった感じでしょうか。カードのデザインが面白いですね。いろいろなボードゲームの絵が描かれています。

しかし、ちょっと単調な感じがするのですが、ライナークニッツア先生が考えたルールなので、数字のカードの枚数も異なるので、何か数学的な意図をもったゲームなのかも知れません。そこが分かればゲームの面白さも分かってくるのかもしれません。

今回は「エスカレーション」の紹介でした。

ゴーアウト系ボードゲーム

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

エスカレーション 日本語版

新品価格
¥1,687から
(2018/10/18 16:03時点)

 楽天

【メール便発送可】エスカレーション!日本語版【ニューゲームズオーダー】【新品】 カードゲーム アナログゲーム テーブルゲーム ボドゲ

価格:1,800円
(2018/9/6 10:08時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事