こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「リカーーリング」の紹介です

みんなの思いがぐーーーるぐる!ちょった変わったトリックテイキング?!カードゲームです。単純なルールながらなかなか奥が深いカードゲームとなっています。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 3人~5人 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

順番にカードを出していき、次のプレイヤーは場に出ているカードより強いカードを出して行きます。強いカードを出したプレイヤーは、すでに場にあるカードを手札に加えます。

カードを出したくないまたは出せない場合はパスします。

誰もそれ以上の強いカードが出せなくなったら、場にあるカードを獲得し自分の前に表にして置きます。

これを繰り返していき、あるプレイヤーの手札が無くなったらゲーム終了です。

リカーーリング

自分の前にあるカードの枚数が得点になります。この得点を記録しておきます。3ゲーム行い、最も得点が多いプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

1から9までの数字のカードとRと描かれたカードの計57枚あります。

1のカードが1枚・2のカードは2枚・・・9のカードが9枚あります。Rのカードは12枚あります。

ゲーム人数によって使用するカードの枚数が異なります。

5人プレイ時 Rのカードを2枚除く 55枚

4人プレイ時 9のカード9枚を除く 48枚

3人プレイ時 8と9のカード17枚とRのカード2枚を除く 39枚

カードをよくシャフルして、各プレイヤーに同じ枚数だけ配り切ります。(5人各11枚・4人各12枚・3人各13枚)

以上で準備完了です。

ルール説明

スタートプレイヤーを決め、時計回りに手番を行います。

カードを順番に出していき1人以外のプレイヤーがすべてパスした場合に1つのラウンドが終了します。

パスした場合は、そのラウンドはもうカードを出せません。(いわゆるハードパスです)

スタートプレイヤーは、最初に1枚のカードを場に出します。(最初はパスは出来ません、最初は必ず1枚です)

次のプレイヤーは、より強いカードを出すか、パスを選択します。

カードの強さの説明

数字が小さいほどカードは強くなります。

下の写真のように、左ほど強いカードになります。Rは1番弱いカードです、ワイルドカードではありません!

同じ数字の枚数が多いほど強くなります。

下の写真の場合、左ほど強くなります。

重要! 場に出ている枚数と同じ場の枚数+1枚のカードしか出せません!

下の写真の時は、7の4枚は出せません。

強いカードを出した場合は、すでに場に出ているカードを手札に加えます。

普通のトリックテイクとは異なる点に注意!

ゲーム進行の例

あるプレイヤーが7を1枚出しました。

リカーーリング

次は、2を1枚出しました。2を出したプレイヤーは、7の1枚を手札に加えます。

リカーーリング

次は、6が2枚、2の1枚は手札に加えます。

リカーーリング

次はRが3枚

リカーーリング

次は9が3枚

次は7が4枚、9の3枚は手札に加えます。

もし他のプレイヤーが全員パスした場合は、7の4枚を出したプレイヤーは、7の4枚を獲得し自分の前に表にして置きます。

以上で1ラウンド終了です。

今カードを獲得したプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

これを繰り返していきます。

ゲーム終了条件

あるラウンドで、カードを出した時に手札が無くなったプレイヤーが出たら、ゲームは終了に向かいます。

手札が無くなったプレイヤーは、その時場に出ていたカードを手札に加えないで、裏のまま自分の前に置きます。これで最終ラウンドであることを示します。

下の写真は、手札を出し切ったので場にあるカードを裏にして自分の前に置いた状態です。

最終ラウンドは、それ以降もプレイを続けていき1人以外のプレイヤーがすべてパスしたら、カードを獲得したプレイヤーがカードを表にして自分の前に置いてゲーム終了です。

得点計算

自分の前に置いてある表にしたカードの枚数が得点です(1枚1点)。手札が無くなった時に裏向きに置いたカードは得点になりません

Rのカードは枚数に数えません(Rのカードは1枚0点)。ただし、カードを裏向きに置いたプレイヤーだけRの枚数が得点になります。

これで1ゲーム終了です。点数を記録します。

3ゲーム行い、最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

感想

ボードゲーム会で、「これは絶対面白いよ!」というある方の猛アピールで早速ゲームを5人で行いました。

最初の数ラウンドは、なんだかよくわからなままプレイしました。意味がよく分からないな?という感じでした。

何ラウンドか経つと少しずつこのゲームの面白さが分かってきました。ゲームの前半は、各プレイヤーの手札の数字がバラバラなので、小さい数字のカードが強いわけです。つまり、数字の2の1枚出しとか1の1枚出しは強いのです。

しかし、ゲームが進んでいくと各プレイヤーの手札は、少しずつ同じ数字のカードが増えていくのです。何故なら、場にある2枚とか3枚の同じ数字を手札に入れていくのですから・・・。

そうなってくると、数字の1は1枚・数字の2は2枚しか無いわけですから3枚出し4枚出しが出来ないのでだんだん価値が(強さが)下がっていくのです。ゲームの途中で少しずつカードの価値が変化していくのがこのゲームのポイントなのです!

また、他のプレイヤーが獲得したカードの数字も大事です。例えば、数字の5が3枚並んでいたら、数字の5はあと2枚しかないので5の3枚出しなどは起こらないし、場に8が5枚出ていれば8の4枚出しは無いわけです。

そして、他のプレイヤーが、どのカードを手札に入れたかも注意しておく必要があります。例えば、6を3枚持っているとか、5を4枚持っているとか、7を3枚手にしたので7が4から5枚くらいあるかも知れないとか・・・。

カウンティングもちょっと必要です。

あと、面白い点は、後半にせっかく揃っていても場に出ているカードの枚数+1枚しか出せないのが効いています。

例えば6が4枚手札にあってそれを出せば手札が無くなりますが、場に2枚しかカードが無ければ3枚までしか出せないのです。パスするか6を3枚出すのかしか選べません。パスするとそのラウンド脱落なのでとても悩ましい!

つまり、いろいろな要素を考えながら手札からカードを出して手札にカードを入れていくのです。多くの要素が絡み合って面白い仕上がりになっているのです。

最初の何回かは、よく分からないかも知れませんが、やればやるほど面白さが分かってくるカードゲームだと思います。もし機会がありましたら是非プレイしてみて下さい。

以上「リカーーリング」の紹介でした

トリックテイク系カードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事