ツリーラインアベニュー(TREE LINED AVENUE) ルール&レビュー 美しい景観の公園をつくろう! タイル配置系 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「ツリーラインアベニュー」の紹介です

一流デザイナーとなって、並木道の最も美しい景観の公園を設計しましょう!タイル配置型のボードゲームです。

ツリーラインアベニュー

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

エリア(樹木)カードを順番に1枚ずつ配置して、6枚×6枚の公園を作っていきます。

各ラウンドで配置されるエリア(樹木)カード4枚から1枚選び中央の公園に配置します。価値の高いエリアカードを獲得すると次の手番は遅くなります(「キングドミノ」というゲームの手番順と同じ仕組みです)。

エリアカード庭師コマを配置すると縦または横の動物タイルを2枚獲得できます。また、計画カードを獲得して、それを達成できればゲーム終了時に得点を加算出来ます。

ツリーラインアベニュー

これを繰り返していき、自分の庭師コマのいる同じ種類の並木道の数による得点と計画カードの得点の合計して最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

エリアカードです、5種類の樹木があります。

各カードの右上の数字はそのカードの価値を表します。

上段左から、ケヤキ・シラカバ・サクラ

下段左から、カエデ・イチョウ

樹木ごとのエリアカードは各7枚あります。

価値7のカードは大きな樹木が描かれています、このカードはカード2枚分(樹木2本分)として数えます。

その他カードには、あずまや・池・広場なども描かれています。

ツリーラインアベニュー

エリアカードのワイルドカードです。

ツリーラインアベニュー

動物タイルです、4種類の動物がいます。

ツリーラインアベニュー

庭師コマアクションコマです。

ツリーラインアベニュー

計画カードです、12枚あります。

ツリーラインアベニュー

エリアカードを並べるための手番順タイルラウンド順列タイルです。

ツリーラインアベニュー

得点表です、各プレイヤーごとに1枚あります。裏面はサマリーになっています。

ツリーラインアベニュー

準備

エリアカードをよくシャフルして、6枚を斜め1列に並べます。

周囲に動物タイルをランダムに下の写真のように並べます。

残ったエリアカードは山札として脇に置きます。

ツリーラインアベニュー

庭師コマ2個(4人プレイ時)とアクションコマ1個を配ります。

計画カードを各2枚ずつ配ります。

計画カードは他のプレイヤーに見えないように裏にします。

手番タイルの配置方法

ラウンド順列タイル手番順タイルを下の写真のように並べ、各プレイヤーのアクションコマをじゃんけんなどで勝った順に1から置いていきます。

ツリーラインアベニュー

山札のエリアカードを4枚めくりラウンド順列タイル1の下に並べます。

そしてエリアカードを価値の低い順(数字の小さい順)に並び変えます。

ツリーラインアベニュー

ツリーラインアベニュー

その後、ラウンド順列タイル2の下にも同様に並び替えて4枚並べます。

ツリーラインアベニュー

以上で準備完了です。

ルール説明

手番順タイルの1のプレイヤーから順番に手番を行います。

手番順4のプレイヤーの手番が終了するとラウンドが終了します。

手番では以下の手順を行います。

1.庭師コマの配置(任意)

2.エリアカードの配置(必須)

3.アクションを解決(任意)

4.アクションコマの移動(必須)

1.庭師コマの配置(任意)

庭師コマが手元にある場合は、庭師コマ乗っていない好きなエリアカードの上に庭師コマを乗せます。

(庭師コマの配置は任意のアクションなので、行わなくても構いません)

乗せたエリアカードの上下左右の動物タイルから好きな2枚を選び、そのエリアカードの上に乗せます。

注意 ゲーム開始の1ラウンド目の最初の手番では各プレイヤーは庭師コマを置くことは出来ません!

下の写真の場合は、青い丸の所に白プレイヤーが庭師コマを置きました。青い矢印の内から2枚の動物タイルを選びます。

ツリーラインアベニュー

ツリーラインアベニュー

エリアカードの上に2枚の動物タイルを乗せました。

ツリーラインアベニュー

2.エリアカードの配置(必須)

そのラウンド順タイルに残っているエリアカードから1枚を選び、公園に既にあるエリアカードに辺が接するようにカードを配置します。

もし、動物タイルがある場所にエリアカードを置くときは、エリアカードの上にその動物タイルを乗せます。

ツリーラインアベニュー

下の写真のように、ラウンドが終了すると4枚のエリアカードが配置されます。

ツリーラインアベニュー

3.アクションを解決(任意)

もし、配置したエリアカードにアクションアイコンが描かれている場合は、そのアクションを行うことが出来ます。

このアクションは任意なので、行わなくても構いません。

ツリーラインアベニュー

アクションは以下の4種類あります。

庭師コマの移動

計画カードの獲得

エリアカードの引き直し

動物タイルの追加獲得

下の写真はゲームのサマリーです。細かい説明が書いてあります。

ツリーラインアベニュー

4.アクションコマの移動(必須)

選んだエリアカードの空いた位置に自分のアクションコマを置きます。

ツリーラインアベニュー

以上で手番終了です。

プレイヤー全員が手番を終了するとラウンドの終了です。

次のラウンドの準備

全員のエリアカードの配置が終わったら、アクションコマをそのまま横の手番順タイルに乗せます。これが次のラウンドの手番順になる訳です。

ツリーラインアベニュー

ラウンド順列タイルを入れ替えます。

ツリーラインアベニュー

その後ラウンド順列タイルの2の下にエリアタイルをならべます。

ツリーラインアベニュー

以上でラウンド準備完了です。

ゲーム終了条件

公園内にすべてのエリアカードが配置されたらゲーム終了です。得点計算に入ります。

得点計算

並木道の得点計算

自分の庭師のいる縦または横1列の並木道(エリアカード6枚)の中で最も多い同じ種類の樹木の枚数を数えます。シンボルツリーの場合は2枚と数えます。(ただし1枚・2枚の場合は0点)それが並木道得点となります。

並木道得点×(庭師の数+動物タイル数)

ツリーラインアベニュー

下の写真の場合は、

横がシラカバの3枚×(庭師1個+動物タイル2枚)=9点

縦がサクラの5枚(シンボルツリーとワイルドカードがある)×(庭師1個+動物タイル2枚)=15点

ツリーラインアベニュー

計画カードの得点計算

計画カードの条件を達成できたら、その下の点数が加算されます。

達成したい計画カード1枚に付き自分の庭師コマ1個を選んで1度だけ達成出来ます。

例えば下の写真では、

左側は庭師コマのいる縦横の計11枚のエリアカードの中に池が2つあれば16点

右側は庭師コマと同じ場所のエリアカードにリスの動物タイル1枚と庭師コマのいる縦横の計11枚のエリアカードの中にあずまやが1つあれば11点

ツリーラインアベニュー

最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

感想

カード配置をして得点が取れそうな所に庭師コマを置くわけですが、動物タイルも関係してくるので、どこに庭師コマを置くのか迷います。

庭師コマは、ある程度エリアカードが置かれたゲーム後半に置く方が良さそうに見えますが、そうすると他のプレイヤーに良い場所に先に置かれてしまうし、動物タイルも自分が好きなものが取れなくなってきます。悩ましいですね・・・。

また手順も「キングドミノ」というボードゲームと同じで、価値の高いエリアカードを取ると次のラウンドの手番が遅くなるので、それも悩ましい・・・。

エリアカードを配置するときに、同じ樹木の数・動物タイル・計画タイル・アクションアイコンなど4種類くらいの要因が絡んでくるので、ちょっと配置に考えますね。

ジレンマがいっぱいのタイル配置ゲームですが、そんなに難しくないし、時間的にはそんなにかかりません。

ぜひ一度プレイしてみて下さい。

ツリーラインアベニュー

以上「ツリーラインアベニュー」の紹介でした

Amazon

ツリーラインアベニュー(TREELINED AVENUE)

新品価格
¥2,530から
(2019/12/11 14:50時点)

タイル配置系ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事