ドブル(DOBBLE) 反射神経型カードゲーム 同じ絵を探せ! 初心者・子供も楽しい! ルール説明 ボードゲーム

 

今回は「ドブル(DOBBLE)」の紹介です。

手軽に楽しめるカードゲームということで人気のあるゲームです。子供たちの集まる場所などでプレイされているのを、見かけますね。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~8人 ゲーム時間 5分~

下の写真が「ドブル」に入っている丸いカードです。1枚のカードには、8種類の絵が描かれています。

カードを2枚見てみると、共通の絵が1つあります。何だかわかりますか?

そうです、はてなマークが両方のカードに描かれていますよね!

では、下の写真は何が同じ絵でしょうか?

えんぴつの絵ですね!

このように、ドブルのカードは、2枚のカードの中に必ず1個だけ共通の絵があるのです。不思議ですね!?

このカードは55枚あります。このカードを使い、5つのミニゲームが用意されています。

今回はそのうちの、3つのゲームについて紹介します。



ミニゲームのルール紹介

ドブル」は基本的に、共通の絵を見つけたら、その絵の名前を宣言する(叫ぶ)とことになっています。

ミニゲームNo1 タワーリングインフェルノ

人数分のカードを各プレイヤーに1枚裏にして配ります。残りのカードを山札として、表にして中央に置きます。準備が出来たら、一斉にカードをめくり表にします。

自分のカードと中央にあるカードの共通の絵を宣言します。1番早く宣言したプレイヤーが山札の1番上のカードを取って自分のカードの上に重ねます。中央のカードは新しい絵になるので、またそれを各プレイヤーが共通の絵を宣言するというように、どんどん繰り返していきます。

中央の山札が無くなったとき、1番多くのカードを獲得したプレイヤーが勝利です。

ミニゲームNo2 井戸掘り

カードを1枚中央に表にして置きます。残りのカードを均等に各プレイヤーに裏のまま配ります。

各プレイヤーは一斉に自分の前のカードを1枚表にします。

自分のカードと中央にあるカードの共通する絵を宣言し、1番早く宣言したプレイヤーが自分のカードを1枚中央にあるカードに重ねます。これを繰り返し、自分の前にあるカードが無くなったプレイヤーの勝利です。

ミニゲームNo3 アツアツポテト

各プレイヤーの手に、1枚ずつカードを裏にして配ります。一斉に表にして、自分と他のプレイヤーとの共通の絵を宣言します。宣言に成功したプレイヤーは、自分のカードを相手のカードの上に重ねます。これを繰り返し、最後にすべてのカードを受け取ったプレイヤーの負けです。

その他に

ミニゲームNo4 全部集めよう ミニゲームNo5 毒された贈り物

がありますが、今回はルールを省略させていただきます。

感想です

ルールが簡単で、説明もすぐ終わるので、初心者の人たちにもピッタリなゲームです。皆でワイワイ楽しく出来るパーティ向けゲームです。子供たちと遊んでも楽しいです、逆に子供たちの方が強いかも知れません。

共通の絵が見つからない時が良くあります。「本当にあるの?」と思ってしまうくらい時間がかかるときもあります。でも、あるんですよね、共通の同じ絵が・・・不思議!

脳トレにも良いのではないでしょうか。シニアの人たちがやっても楽しいに、脳に良い効果がありそうですよね!ぜひ1度プレイして欲しいゲームです。

以上「ドブル(DOBBLE)」の紹介でした。

 

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

 

Amazon

ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム

新品価格
¥1,473から
(2018/10/10 13:32時点)

楽天

【再生産】ドブル 日本語版 ホビージャパン

価格:1,680円
(2018/10/10 13:32時点)
感想(0件)



広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事