今回は「よくばりハムスター」の紹介です

プレイヤーはハムスターとなり、食料を確保し、貯めて、それを食べなくてはいけません。

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数3人~5人 ゲーム時間 20分

ハムスターカードです。1・2・3のカードはそれぞれ2種類のハムスターが描かれています。120枚もあります。

カードの裏側です、ハムスターが食べ物を食べているイラストです。

このゲームの目的は、出来るだけ多くのカードを裏向きにすることです。

ルールを説明します

カードをよくシャフルして、各プレイヤーに2枚ずつ配ります。その後、下の写真のようにカードを6枚配置します。残りの山札は中央に置きます。

プレイヤーは、次の3つのアクションから2個を選び実行します。同じアクションを2回行っても構いません。

1.ためる カード列からカードを取る

プレイヤーは、カードを好きな場所から1列取り手札に加えます。最初は1枚ずつのカードを取ります。取ったことによって空いた列から、時計回りに3つまで、新たにカードを山札から1枚ずつ補充して重ねます。

例えば、上の写真の右斜め下の3を1枚取った場合は、下の写真のように補充します。

上の写真の左斜め下の2枚を取った場合は、下の写真のように、また補充します。

2.ブロックする カードをセットで自分の前に出す

カードセットとは、同じ数字のカードの数字の倍数の枚数のことです。1なら1枚・2枚・3枚・・・2なら2枚・4枚・6枚・・・3なら3枚・6枚・9枚・・・4なら4枚・8枚・12枚・・・(下の2枚の写真)

ただし、下の写真のように、同じ数字でも異なるハムスターの場合はセットとして出すことが出来ません。

下の写真のように、表にしてカードを重ねて自分の前に置きます。

また、各プレイヤーの前に出ている、1番上のハムスターと同じイラストのカードは、カードセットとして出すことが出来ません。

下の写真の場合、薄い青の2と薄い緑の1と黄色の3のカードは出せません。

3.得点化する ブロックカードを全て裏向きにする

全てのブロックカード(場に表にして出しているカード)を裏向きにして自分の前に置きます。また、ブロックカードの1番上の数字の数だけ、手札を1番多く持っているプレイヤーから手札をもらい、裏向きにして得点化します。

カードを裏向きにすることによって、カードの枚数がプレイヤーの得点となります。

これを、山札が無くなり中央のカードの列が3列になった時点でゲーム終了です。1番裏向きのカードを多く持っているプレイヤーの勝利です。

感想です

ハムスターが、食料を探し(ためる)食べ物を貯蔵し(ブロックする)食べる(得点化する)という動作をうまくゲームで表していて、ゲームルールとうまく合っていると感じます。

ブロックして相手にカードを出させないことや、得点化するときにプレイヤーから手札を取ることなど、プレイヤー間の絡みもあります。手札を多くためて、一気にカードを出そうとしても、得点化するプレイヤーにカードを取られてしまうので、あまりカードを貯めすぎても勝てません。

自分が出したいカードをブロックされているとカードを出すことが出来ないので、その点も考える必要があります。面白いカードゲームだと思います。ぜひプレイしてみて下さい。

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る


広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事