Pitango(ピタンゴ)連想しりとりゲーム お正月カルタの代わりに! カードゲーム

こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「Pitango」の紹介です

お題にピタッと合う言葉を連想するしりとりカードゲームです。言葉系のカードゲームはたくさん出いますが、面白いゲームの割合が高い気がします。

アルゴの国語版」というフレーズが箱に書いてあります。子どもから大人まで楽しめるゲームとなっています。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 3人~10人 ゲーム時間 20分

ゲームの概要

お題カードに合う言葉を、しりとりのルールに従ってカードを出していくカードゲームです。

ゲーム内容物

お題カードです。100枚あります。

イエローカードです。他のプレイヤーの答えに異議があるときに出します。

ルール説明

お題カードをよくシャフルして、各プレイヤーに7枚配ります。

残りのカードを山札として置きます。1枚めくって表にします。これがしりとりの最初の文字とします。

下の写真の場合は、「あつい」なので「」からしりとりを始めます。

各プレイヤーは配られたお題カードを見て、そこにある言葉から連想されるものを言ってカードを出します。カードを出すのは早いもの勝ちです。

例えば、下のカード「巨大な」というカードから「」で始まる言葉を連想します。

「アジア大陸」と言って「あつい」のカードの上に重ねて置きます。次は「」から始まる言葉を言います。

もしプレイヤーの言った言葉に、「納得できない」「それは違う」と思った場合は、イエローカードを出します。ゲーム人数の半分以上のイエローカードが出た場合は、カードを手札に戻します。

例えば上の写真の「アジア大陸」って厳密にはユーラシア大陸の一部であるので、本当は「アジア亜大陸」なんです。

だから、「大陸ではない!」イエローカードを出されて過半数を越えたら、「アジア大陸」は取り消し「巨大な」カードも手札に戻ります。ただし、誰も何も異議がなければ「く」からしりとり開始です。

これを繰り返していきます。

ゲーム終了条件

自分の手札が無くなったらそのプレイヤーの勝利となります。

残りのプレイヤーは手札の少ない順で2位・3位・・・・となります。

感想

言葉系のカードゲームには「ワードスナイパー」「ワードバスケット」「語彙の王様」など面白いゲームが沢山あります。

ワードスナイパー」の紹介はこちら

ワードバスケット」の紹介はこちら

語彙の王様」の紹介はこちら

Pitango」を実際にプレイしてみると意外と言葉が出てこない・・・。ちょっと難しいとおじさんは思いました(単におじさんの頭の回転が鈍いだけなんですが・・・)。

難しいけど楽しいですね、考えている時間が楽しい!

下の写真「」で始まる言葉、あなたはすぐ出ますか?

お手軽に、ゲーム初心者・子どもなど家族みんなで楽しめそうです、お正月にカルタの代わりにいいかも!

以上「Pitango(ピタンゴ)」の紹介でした

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

ピタンゴ (頭のよくなるゲーム)

新品価格
¥1,728から
(2018/12/20 15:24時点)

楽天

ピタンゴ (頭のよくなるゲーム) [ 稲葉直貴 ]

価格:1,728円
(2018/12/20 15:27時点)
感想(1件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事