THE BOSS(ザ ボス) 傑作カードゲーム紹介 手下を送り街を支配し金を稼ぐ! ルール説明 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「THE BOSS」の紹介です

マフィアのボスとなって、アメリカ各都市に部下を送りこんで街を支配し、お金を稼いでいくゲームです。カードゲームながら、重量感がありとても面白い傑作ゲームになっています。

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 2人~6人 ゲーム時間 20分~60分

ボードゲーム ザボス 箱の図

スコアボードです。報酬(お金)を獲得するたびに、スコアボードのマスを進めていきます。

キャラクター(都市)カードです。アメリカの都市名が書いてあります。この中から数枚を選び、並べてゲームを開始します。

ボードゲーム ザボス キャラクターカード

ギャングスターキューブです。上の段がソルジャー(大)・下の段がアソシエーテ(小)です。各プレイヤーが1つの色のギャングスターキューブを受け持ちます。各プレイヤーにソルジャー6個・アソシエーテ3個です。

ギャングスターキューブキャラクター(都市)カードに置くことで、街を支配します。

ポリスカードです。このカードを1ラウンドごとにめくります。金色または銀色が3枚出たらそのラウンドでゲーム終了です。

つまり、ゲームは3ラウンド~5ラウンドで行われます。

シティーカードです。報酬(お金)・病院・監獄・追放などいろいろなカードがあります。

シティーカードの裏側は、色が異なっていて、各キャラクター(都市)カードの色に対応しています。つまり、手札として各プレイヤーがシティーカードを持ったときに、どのシティーカードを持っているかが分かるようになっています。

キャラクター(都市)カードの下に描かれているそれぞれの絵に対応した3枚または4枚または5枚のシティーカードがあります。

シティーカードに描かれているマークの説明です

 

下のカードは報酬カードお金がもらえます。左から、1金・2金・3金・4金もらえます。

左は、追放カード これ以降ゲーム中その都市にギャングスターキューブを置けなくなります

中央は、盗難カード お金2金を奪われます。

右は、襲撃カード 4金獲得し、同時にセントルイスにいる各プレイヤーのソルジャーをゲームから完全に追放します。

左は、拳銃カード プレイヤーのソルジャー1人が殺害されます。ゲームからソルジャーキューブを1個完全に除外します。

中央は、牢獄カード プレイヤーのソルジャーが2ラウンドの間、投獄されます。2ラウンド後、ソルジャーキューブは手元に戻ります。

右は、病院カード プレイヤーのソルジャーが1ラウンドの間、負傷し入院します。1ラウンド後、ソルジャーキューブは手元に戻ります。

ゲーム準備

スコアボードにギャングスターキューブを1個ずつ置きます。

各プレイヤーに、ギャングスターキューブソルジャー6個(大きいコマ)とアソシエーテ3個(小さいコマ)を配ります。

ボードゲーム THE BOSS ザボス スコアボード

キャラクターカードを選び(人数によって枚数が異なります、今回は3人のときのキャラクターカードの配置です。3人の場合も数種類のなカードの選び方があります)、左から小さい番号順に並べます。

キャラクターカードの選び方は、何種類もあるので、毎回異なるゲームが楽しめます。

キャラクターカードシカゴは、2番目に並べます。各キャラクターカードの下には、色別にシティーカードをよくシャフルし、1枚裏のまま下に並べて置きます。

キャラクターカードシカゴだけは、特殊でシティーカードはありません。

残ったシティーカードは、全てをよくシャフルし各プレイヤーに均等に配ります。(3人プレイ時5枚)

5枚のポリスカードを裏向きでよくシャフルし山札として置きます。

プレイ開始時の配置は下の写真のようになります。

(3人プレイの場合)

ボードゲーム THE BOSS ザボス ゲーム開始

 

これで準備完了です。

ルールを説明します

手番におけるアクションは、次の2つです。2つを順番に行います。

アクション1

1個または複数のギャングスターキューブ(大または小)を1つ都市に配置する(キャラクターカードの上に乗せる)

配置したくない場合は、アクション1は行わなくても構いません。

ソルジャー(大)とアソシエーテ(小)の価値は同じです。ただし、アソシエーテを単独で配置することはできません。アソシエーテと同じ色のソルジャーが少なくとも1個配置されている都市のみ配置出来ます。

1つの都市に同じ数のギャングスターキューブが置かれることはありません。他のプレイヤーが支配している都市にギャングスターキューブを配置したい時は、そのプレイヤーはよりも1個以上多い数のギャングスターキューブを置かなくてはなりません。

ラウンドの終わりに、使用したアソシエーテ(小さいコマ)は除外されます。ソルジャー(大きいコマ)は次のラウンドも使用出来ます。

アクション2

手札から1枚を選び、キャラクターカードの下の裏向きのシティーカードの下に表にして並べる

アクション2は必ず行います

重要 アクション1でギャングスターキューブを置いた都市には、同じ手番でシティーカードを置くことは出来ません。

スタートプレイヤーから時計回りに手番を繰り返していきます。

ラウンド終了条件

全てのプレイヤーの手札が無くなった時点で、1ラウンド終了です。

ラウンド終了時の得点の処理

ラウンドが終了したら、各プレイヤーは自分が支配している都市の下の裏になったシティーカードを獲得します。

報酬(お金)カードの場合は、スコアボードのコマを報酬の数だけ進めます。

牢獄・病院カードの場合は、スコアボードの牢獄・病院の場所にソルジャーコマを置きます。

拳銃カードの場合は、ソルジャーコマをゲーム終了まで除外します。

追放カードの場合は、それ以降全てのプレイヤーはゲーム終了まで、その都市にギャングスターキューブを置くことが出来なくなります。

シカゴ(赤)の都市を支配したプレイヤーは、シカゴより左側にある都市カードの合計報酬の半分(端数切捨て)を報酬とします。その分だけスコアボードのコマを進めます。

上の写真の場合、シカゴを支配した青プレイヤーは、左側のニューヨークの報酬が0なので、0÷2=0となります。

次のラウンド準備

次のラウンドでは、シカゴのキャラクターカードのは1つ右に移動します。

全てのシティーカードをよくシャフルし、再びキャラクターカードの下に裏にして1枚ずつ置きます。

ギャングスターキューブのソルジャー(大)は手元に戻します。アソシエーテ(小)は全ラウンドで使用した分は除外します。

ポリスカードを新たに1枚めくります。

ゲーム終了条件

ポリスカードをめくり、金色または銀色のポリスマークが3個になったら、そのラウンドでゲーム終了です。

 

感想です

このゲーム面白いです!私の大好きなボードゲームの1つです。傑作ボードゲームと言ってもいいですね!

だんだんカードが表になっていくことで、各都市の報酬が明らかになっていきます。他のプレイヤーが持っているカードから、どの都市のカードを何枚持っているか分かるので、なぜそのプレイヤーは、その都市にギャングスターキューブを置いたのかを、推理していく楽しさがあります。

自分が持っているカードも含めて、どの都市のカードが一体何なのか?推理出来る部分と出来ない部分も含めて、推理と運のバランスも丁度良いです。

ギャングスターキューブも大・小あり、小さいギャングスターキューブは1度出したら2度と使用できなくなるので、使いどころも大事です。

駆け引きとはったり(ブラフ)系のボードゲームが好きな方ならおすすめです。ぜひぜひプレイしてください。

おじさんの独断ボードゲーム評価 9点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

ザ・ボス

新品価格
¥3,980から
(2018/10/18 10:05時点)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事