ごいた ルール&レビュー 能登の伝統娯楽 ゴーアウト系 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「ごいた」の紹介です

能登の伝統ゲーム「ごいた」です。このゲームのファンって多いですよね!「ごいた会」というボードゲーム会も各地で開かれている有名ボードゲームです。

ごいた

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 4人(2人対2人のペア戦) ゲーム時間 30分

ゲームの概要

2人1組の4人でプレイします。ペアのプレイヤーはお互いに向かい合う位置になります。

親プレイヤーから順番にカードを2枚ずつ出していきます。前のプレイヤーが出した2枚目のカードと同じカードを出して「受ける」のか「パス」を選択します。

ごいた

受けた場合はもう1枚のカードを出していき、同じように左隣のプレイヤーは「受ける」「パス」を選びます。

これを繰り返していき、最後のカードを出しきったら上がりとなり、そのラウンドが終了します。最後に出したカードの種類で得点が決まります。

これを何ラウンドか繰り返し、規定数の得点(150点)を獲得したペアの勝利です。

ゲーム準備

カードは、将棋の駒を表しています。下の写真のように32枚あります。

ごいた

得点チップです。

ごいた

32枚のカードを良くシャフルして各プレイヤー8枚ずつ配ります。

以上で準備完了です。

ルール説明

数ラウンドをおこなって規定点数以上を獲得したペアの勝利です。

ラウンドの最初に、スタートプレイヤー(親)を決め、親から反時計回りに手番を行います。

手札8枚の内「し」のカードが5枚以上ある時には「手役」という処理があります。(後で説明)

手番で行うこと

親は最初にカードを裏にして1枚・表にしてその下に1枚出します。下のカードが攻めのカードになります。

ごいた

右隣のプレイヤーは「受け」または「パス」のどちらかを選択します。

「受け」の場合

受ける場合には相手が出した攻めの下のカードと同じカードを自分の前に出します。その後、そのカードの下に任意のカードを1枚置きます。

今度はそれが攻めのカードになります。右隣のプレイヤーの手番となります。

ごいた

このように順番に反時計回りに攻めのカードを受けていきます。

ごいた

ごいた

2巡目はすでに置いてあるカードの右隣にカードを並べます。

ごいた

「王」による受け

ただし、「王」のカードは同じカードでなくとも出すことが出来ます。(例外 「香」・「し」の場合は出せません)

ごいた

「パス」の場合

受けのカードが無いまたは出したくない時はパスを宣言します。手番は右隣に移ります。

ごいた

もし、最初に出したプレイヤー以外全員がパスした場合は、また1枚目を裏にしてカード出し、その下に表にしてカードを1枚出します。

 

これを繰り返していきます。

上がり(最後の2枚を出した)時に、そのラウンドは終了します。

上がりの8枚目のカードの得点を獲得します。

次のラウンドの準備

すべてのカードを回収して良くシャフルして各プレイヤーに各8枚ずつ配ります。

点数

王50点・飛角40点・金銀30点・馬香20点・し10点

下の写真の場合は最後「香」で上がったので20点獲得になります。

ごいた

ごいた

特殊な上がり

上がるとき、自分が攻め他の3人がパスした後、伏せた7枚目と8枚目が同じなら得点2倍になります。

手役について

カードを配られたときに、「し」の枚数が5枚以上ある時は「手役」といって特別な処理をします。

ごいた

「し」が5枚の時

相棒がプレイするか配り直すかを決める

「し」が6枚の時

残り2枚の上がりの内高い方の得点を獲得する

「し」が7枚の時

最後のあがり点を2倍する

「し」が8枚の時

100点を獲得する

2人とも「し」が5枚

150点獲得しゲームに勝利

ゲーム終了条件

ラウンド終了時にペア合計が150点以上のときにゲーム終了です。

感想

「ごいた会」なるボードゲーム会が開かれるほど熱心なプレイヤーがいるボードゲームです。ファンが多いということは当然面白いボードゲームだと言うことですよね!

基本的にどのカードが何枚出ているかを見てパートナーの手札を考えることが大事ですね。自分の手札に多いカードを使っていけば相手が受けられないので、また親が回ってくる可能性が高いです。

親はカードを伏せて出せるので有利です。

いろいろな戦略があるのでしょうが私が考えられるのは今のところそれくらいですね。

ぜひ皆さん一度プレイしてみて下さい。

ごいた

以上「ごいた」の紹介でした

Amazon

ごいたカード (Goita card) カードゲーム

新品価格
¥2,200から
(2020/3/3 15:03時点)

楽天

【新品】ボードゲーム ごいたカード

価格:2,280円
(2020/3/3 15:04時点)
感想(0件)

古典となりつつある名作ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事