ITO(その2) ルール&レビュー 赤い糸で結ばれた人を探そう! 半協力 ボードゲーム

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「ITO(その2)」の紹介です

みんなでテーマに沿って表現をして、お互いにペアになる人を探しましょう!伝わりそうで伝わらない価値観の違いを楽しむゲームです。

今回は「アカイイト」ルールの紹介です!

ITO」の「クモノイト「」ルールの紹介はこちら

ITO

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~10人 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

ルールは「クモノイト」ルールと「アカイイト」ルールの2つがあります。今回は「アカイイト」ルールの説明です。

テーマカードから1つのテーマを選びます。プレイヤーはナンバーカードを1枚ずつ配られます。自分の数字の大きさを、お互いにフリートークテーマをしながらテーマに沿って伝えます。

その後、相談してペアを決めます。ペアが決まったらお互いにカードを公開します。2枚のカードの合計が、100を越えないで最も100に近いプレイヤーが得点を獲得します。

これを何回か繰り返し、最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

ナンバーカードです、1~100までの数字が書いてあり100枚あります。

ITO

テーマカードです、1枚のカードに2枚のテーマが書かれています、50枚あります。

ITO

 

テーマカードナンバーカードをそれぞれ良くシャフルして山札として中央に置きます。

以上で準備完了です。

ルール説明

プレイヤー全員で相談してテーマカードからテーマを1つ選びます。

例えば下の写真の場合、「言われてうれしい言葉」を選びました。

ITO

各プレイヤーに1枚ずつナンバーカードを裏にして配ります。各プレイヤーは数字を見て宣言する言葉を決めます。

当然他のプレイヤーに数字を見せたり言ったりすることは出来ません!

ITO

下の写真のような数字の場合、96なら「あなたは世界一素晴らしい人」とか、5だったら「居ても居なくてもいい人」とかを宣言します。

ITO

お互いにフリートークをしていき、自分の数字と相手の数字を合わせて出来るだけ100に近いと思うプレイヤー同士でペアを組みます。(奇数の場合は1人ペアが組めなくなります)

ペアが組まれたら一斉にナンバーカードを表にします。ペア同士の数字を合計します。

100を越えない100に最も近いペアのプレイヤー2人が2ポイント・その次に近いペア2人が1ポイント・それ以外は0ポイントを獲得します。

これで1ラウンド終了です。次のラウンドに入ります。ナンバーカードを捨て、新しいテーマを決めます。

これを繰り返していきます。

特別ルール 丁度100になったらその2人のプレイヤーの勝利です!その時点でゲーム終了です。

下の写真の場合は、右下のプレイヤーの勝利ですね!

ITO

ゲーム終了条件

5ポイントを獲得した人が2人になったらゲーム終了です。2人の勝利です。

感想

数字を言葉に変換して楽しむ言葉系のボードゲームなので、女性に受けが良いゲームだと感じました。言葉系のゲームって基本的に女性が強いなぁと感じます。

ボードゲーム初心者の方でも盛り上がれるパーティ系ボードゲームです。知らない人同士でも、良く知っている人同士でも楽しめます。

ITO

ゲーム会で以上に盛り上がっている7人テーブルを見たら、プレイしていたのは「ITO」でした。

ボードゲーム会に1個持っていくと重宝するかもしれませんね!

ITO

以上「ITO(その2)」の紹介でした

Amazon

ito (イト)

新品価格
¥1,980から
(2020/1/24 10:49時点)

楽天

ito (イト)

価格:3,520円
(2020/1/24 10:50時点)
感想(0件)

協力系ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事