こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「古代ローマの新しいゲーム」の紹介です

このボードゲームは、14個のゲームが1つの箱に入っている非常にお得なボードゲームです。ゲームデザイナーは、ライナークニッツィアです。1994年に発売されているので、最近のボードゲームのような華やかさはないかも知れませんが、小粒ながら良いゲームが入っています。古いゲームにも良いものはいっぱいあります。

4枚の板紙に両面印刷された8つのゲーム版です。

5色のカード65枚と7個のボーン30個のカウンター70枚の木製チップです。これだけで、14個のゲームが出来ます。

ゲーム説明書です。116ページもあります。ローマの簡単な歴史とそれに伴うゲームの説明が書かれています。

ゲーム説明だけではなく、いろいろなバリエーションのルールについての説明や、ゲームに関する考察・コメントなど盛りだくさんです。

このゲーム説明書を読むだけでも購入する価値があります。ゲームをデザインする方にも読んで欲しいです。

Amazon

古代ローマの新しいゲーム 日本語版

新品価格
¥4,045から
(2018/10/30 11:25時点)



14個のゲーム紹介

 

ローマ創設

歴史の糸車(2人~5人・10分)

ローマ七丘(2人・10分)

共和制ローマ

執政官(2人~4人・20分)

元老院議員(2人~3人・10分)

ローマの台頭

ハンニバル対ローマ(2人・10分)

総督(3人~5人・45分)

ローマ革命

カエサル(2人~5人・20分)

スパルタカス(3人~5人・10分)

修辞と法

法廷(4人~7人・60分)

カテリーナの陰謀(3人~5人・45分)

帝政時代のローマ

帝国(2人~5人・10分)

近衛兵(2人~4人・10分)

パンとサーカス

商人(3人~7人・20分)

大競技場(2人~5人・45分)

 


感想です

トリックテイク・レースゲーム・エリアマジョリティー(陣取り)・競り・推理など本当にいろいろな分野のゲームが収録されています。

ほとんどのゲームが20分以内に終わる軽量級と呼ばれるボードゲームです。しかし、1つ1つは、下手なボードゲームより面白いものが沢山あります。バリエーションルールがゲームごとに2つ~3つくらい入っているので、それも入れてゲームをすれば、十分遊べます。非常にコストパフォーマンスが高いボードゲームと言えます。

ゲームの中には、その後単体で発売されたボードゲームのアイデアの基になったであろうゲームもあります。例えば、「ローマ七丘」は明らかに「バトルライン」の原型になったボードゲームです。

1つの箱に14のゲーム素晴らしいです。1つ1つゆっくり楽しんで欲しいです。

また機会があれば、この中のゲームで特に面白いものを紹介していこうと思っています。

以上「古代ローマの新しいゲーム」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

古代ローマの新しいゲーム 日本語版

新品価格
¥4,045から
(2018/10/30 09:27時点)

楽天

古代ローマの新しいゲーム

価格:4,700円
(2018/10/30 09:28時点)
感想(0件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事