5本のキュウリ トリックテイクカードゲーム 最後が本当の勝負!キュウリいらない!!! ボードゲーム ルール説明

 

こんにちはボドゲおじさんです!

今回は「5本のキュウリ」の紹介です

簡単なルールでトリックテイクの面白さを味わえるカードゲームです。スカンジナビアで行われている「アグルカ」というゲームが基になっているそうです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~6人 ゲーム時間 25分

カードは1から15までが各4枚の枚です。カードにはキュウリが描かれています。数字が大きい程キュウリの数も増えます。1のカードだけ2×が描いてあります。

キュウリトークンが30本入っています。

ゲームの目的は、7トリック目に勝たないことです。!?7トリック目を勝つと、キュウリを受け取らなくてはなりません。

ルール説明

カードをよくシャフルして、各プレイヤーに7枚ずつ配ります。残ったカードは使わないので箱にしまいます。

1ラウンドに7回のトリックを行います。

スタートプレイヤーは、まずカードを1枚場に出します。時計回りに1枚ずつカードを出していきます。

カードを出すときのルールは、

1.すでに出されているカードの中で最も大きいものと同じまたは大きい数字のカードを出す。

2.手札にある最も小さいカードを出す。

のどちらかです。

最も大きい数字を出したプレイヤーが、そのトリックを取ります。最も大きい数字が複数ある場合は、後から数字を出したプレイヤーが、トリックを取ります。

上の写真の場合は、11を出したプレイヤーが、トリックを取ります。

下の写真は、手札の一番小さい数字2を出した場合です。10を出したプレイヤーが、トリックを取ります。トリックを取ったプレイヤーが、次のスタートプレイヤーになります。

これを7回繰り返します。このゲームのポイントは最後の7トリック目にトリックを取らないことです。つまり7トリック目の前の6回のトリックは、何もゲームに影響しないということです。

下の写真が7トリック目だとした場合、10を出したプレイヤーが、キュウリを受け取ります。

受け取るキュウリの数は、10のカードに描かれたキュウリの数です。つまりこの場合は3本です。

これで、1ラウンド終了です。また、60枚のカードをシャフルして、7枚ずつカードを配り、次のラウンドに入ります。これを数ラウンド繰り返し、キュウリが5本を越えたプレイヤーは、ゲームから抜けます。最後の1人になったプレイヤーの勝利です。

もし、最後の7トリック目で1のカードが出たときは、キュウリを2倍受け取らなくてはなりません。

下の写真の場合は、12のプレイヤーがトリックを取ったので、4本×2=8本のキュウリを受け取り、即ゲームから抜けます。

感想

簡単なルールのトリックテイキングなので、すぐゲームができて良いですね。7トリック目にどのように小さい数字を残していくのかが大事です。

途中のトリックで、大きいカードを出して無くしていかなければならないので、出来るだけ大きい数字を出してトリックを取り、スタートプレイヤーとして大きい数字を出せば、他のプレイヤーの小さい数字のカードを吐き出させることが出来ます。

ただ、それをやっていると大きい数字のカードが無くなり、手札の1番小さい数字を出さなくてはいけなくなるジレンマもあります。

ただ、その時の7枚のカードによって戦略も変わっていきますので、そこは臨機応変でいきましょう。運の要素が程よくあるので、パーティゲームとしても良い感じです。なかなか面白いカードゲームです。皆さんもプレイしてみて下さい。

以上「5本のキュウリ」の紹介でした

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

5本のキュウリ 完全日本語版

新品価格
¥1,673から
(2018/10/3 13:53時点)

 楽天

【メール便発送可】5本のキュウリ 完全日本語版【新品】 カードゲーム アナログゲーム テーブルゲーム ボドゲ

価格:1,944円
(2018/9/23 14:52時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事