ザ・ゲーム フェイストゥーフェイス 勝つために相手を助ける?カードゲーム ボードゲーム

こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「ザ・ゲーム フェイストゥーフェイス」の紹介です

数字を番号順に出していって山札のカードを協力して無くしていく、協力型カードゲームの「ザ・ゲーム」が2人専用の対戦版となって登場しました。2人対戦となり熱い戦いが始まります!
ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人専用 ゲーム時間 20分

ゲームの概要

自分の山札のカードから6枚を手札として、1からの昇順(小さい数字のから大きい数字)または60からの降順(大きい数字から小さい数字)になるように、1つの手番で2枚から6枚カードを出していきます。 手札からカードを出したら、新たに手札を補充していきます。補充は2枚までです。よって手札は減っていきます・・・?。しかし、相手の所にカードを出すと6枚まで補充できるのです!!! 相手のカードの所に置く時は、逆の順に置かなければいけません!昇順の所には降順に・降順の所には昇順に。つまり、相手を助けてしまう訳です・・・。 手札を多く補充するためには、相手の所に置かなければならない、しかし相手を助けたくない・・・。ジレンマを抱えながら早くすべてのカードを場に出したプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

シルバーカードゴールドカードの2種類があり、1から60の数字が描いてあるカードが各60枚づつあります。各プレイヤーは、どちらかのカードを選びゲームをプレイします。 1の数字と60の数字のカードには矢印が描いてあります。左が昇順カード・右が降順カードです。 各プレイヤーは昇順カード・降順カードを自分の前に出します。お互いに自分の色のカードをよくシャフルして、山札として横に置きます。 各プレイヤーは、自分の色のカードの山札から6枚のカードを取り手札とします。 以上で準備完了です。

ルール説明

ゲームでは手番にカードを昇順カードおよび降順カードの横に出していきます。

出し方の基本ルール

1.昇順カードの横には1より大きいカードを出す、それ以降はそのカードよりも大きい数字のカードを上に乗せる
2.降順カードの横には60より小さい数字のカードを出す、それ以降はそのカードより小さい数字のカードを上に乗せる。
自分の手番が来たら以下の順でプレイします。

1.手札から2枚以上のカードを出す

自分の手札から2枚以上(最大6枚まで)のカードを、基本ルールに従い自分の昇順・降順カードの横に出すことが出来ます。 例えば下の写真のように4と58の2枚を出します。 その後、同じ手番で9と46と出すことが出来ます。この場合は、計4枚出しました。(2枚は必ず出しますが、3枚以上は出しても出さなくても構いません また、特別ルール(その1)として、プラス・マイナス10のカードは昇順・降順のルールに従わずに出すことが出来ます。 例えば下の写真の場合、46の数字の上には基本ルールでは46より小さい数字カードしか乗せられないのですが、56は丁度10だけ大きいので特別ルール(その1)により46の上に乗せることが出来ます。 また、特別ルール(その2)として、1枚に限り相手の昇順・降順カードの横に出すことが出来ます。ただし、その時は基本ルールの逆になります。 つまり、相手の昇順カードの横のカードより小さい数字のカード・相手の降順カードの横のカードより大きいカードを出さなくてはなりません。相手が有利になるわけです! 例えば下の写真の場合、相手側(上側)の9の数字の所に 7の数字を乗せました。

 2.カードを補充する

① 相手側にカードを出した時は、山札から手札が6枚になるまで補充する。 ② 相手側にカードを出していない場合、山札から2枚補充する つまり、相手側にカードを出さないと、3枚以上出した場合、手札が減ります。 以上のことが終了したら、相手の手番となります。 これを繰り返していきます。

ゲーム終了条件

山札の含めてすべての手札を出しきったときは、山札を無くしたプレイヤーの勝利です。 手番で2枚以上のカードを出せなかったときは、そのプレイヤーの敗北です。

感想

ザ・ゲーム」の時は、カードが出せなくなると敗北でした。しかし、今回の「ザ・ゲーム フェイストゥーフェイス」では、相手側にカードを出すことでカード制限が緩和するので、それほど苦しいことはなく、完全にカードを全て出して勝利ということが出来ます。 相手側にカードを出すと、相手が楽になるので出したくはないです。でも、相手側に出すことによって手札を6枚まで補充出来るので、出さないわけにもいきません。悩みどころですね・・・。 単純に、昇順・降順にカードを出していくというカードゲームなのですが、上手く2人用の対戦ゲームになっていますね!ジレンマがあるところが、なかなか良いです。 パーティゲームという系統ではないので、ワイワイやるというのではなく、静かに淡々と進むという感じですかね。やや単調と感じる人もいるかもしれませんね。

以上「ザ・ゲーム フェイストゥーフェイス」の紹介でした。

カードを数字順に並べるゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス 完全日本語版

新品価格 ¥1,710から (2019/1/17 14:53時点)

楽天

ザ・ゲーム フェイス・トゥ・フェイス 完全日本語版

価格:1,750円 (2019/1/17 14:56時点) 感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事