TAGIRON(タギロン) ルール&レビュー 推理系 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「TAGIRON(タギロン)」の紹介です

質問カードを駆使して、相手のカードを推理して当てましょう!

タギロン

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 15分

ゲームの概要

2人プレイ時のルール

ランダムに数字タイルを5枚選び、ついたての中に並べます。

質問カードを選び、相手に質問をします。これを交互に行います。

相手より早く、相手プレイイヤーの数字カードの数字・色・位置を当てたプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

数字タイル20枚です。赤・青0~9ただし5のみ黄色です。

タギロン

質問カードです、21枚あります。

タギロン

ついたて4枚です。

タギロン

ルール説明

2人プレイ時のルール説明です。

数字タイルを裏向きにしてランダムに数字カードを5枚取ります。残りの数字タイルは箱にしまいます。

自分の数字タイルをついたてに並べます。

数字タイルの並べ方

左から数字の小さい順に並べる。

同じ数字の場合は赤が左・青が右

タギロン

質問カードを良くシャフルし中央に6枚並べます。残りは山札として置きます。

以上で準備完了です。

手番で行うこと

スタートプレイヤーを決め交互に手番を行います。

手番では、質問カードを1枚選びその内容を相手に質問します。

相手プレイヤーは正直に質問に答えます。

質問カード1枚を山札から補充します。

タギロン

これを交互に繰り返します。

だんだんに相手の数字タイルの数字・色・位置が分かったならば、自分の手番で質問の代わりに「宣言」をします。

「宣言」をしたプレイヤーは相手の数字タイルの「数字・色・位置」を言います。

すべて合っている場合は、「宣言」したプレイヤーの勝ちです。

注意 ただし、宣言したプレイヤーが先攻プレイヤーの場合は、後攻プレイヤーもその後宣言が出来ます。その時に正解した場合は引き分けです。

合っていない場合は、相手プレイヤーは「違います」というだけです。

4人・3人プレイ時ルール

4人プレイ時・3人プレイ時は、各プレイヤーは自分の前に数字タイルを置いた後に、中央に伏せて数字タイルを置きます。

その中央の数字タイルを推理した当てていきます。

感想

昔から発売していて本屋にも良く置いてありますよね。逆にいつもあるので購入をずっとしていなかったパターンです。

このゲームは、論路的に考えることが好きな人や、推理系ボートゲームが好きな人はかなりはまりそうな気がしますね。

私も嫌いではないのですが(むしろ好きな方)弱いです・・・・。

強い人はかなり強い・・・。

タギロン

15分くらいで終わる手軽に楽しめるボートゲームですので何回か対戦して楽しめます。また、本屋でも手に入るので一度プレイしてみると面白いと思います。

以上「タギロン」の紹介でした

 

推理系ボードゲームの紹介

Amazon

たぎる、論理 TAGIRON タギロン 新装版

新品価格
¥1,700から
(2020/7/10 08:25時点)

楽天

タギロン新装版 ([バラエティ])

価格:1,760円
(2020/7/10 08:26時点)
感想(1件)

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事