ショッテントッテン カードゲーム 有名バトルラインの原型 ルール説明 ボードゲーム

 

今回は「ショッテントッテン」を紹介します。

有名なゲーム「バトルライン」のもとになったゲームです。

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 2人専用 ゲーム時間 30分~45分

1から9までの村人カードが、6色計54枚のカードがあります。

境界石カードが9枚あります。このカードを1列に並べます。

このカードを5枚取るかまたは連続した3枚を取るとゲームに勝利します。どのようにこのカードを取っていくのかと言うと、村人カードの3枚の役(組み合わせ)を作ることです。

では、カードの役の紹介です

上ほど強い役になります。

同じ色のカードの数字順(ストレートフラシュ)

同じ数字3枚(スリーカード)

同じ色3枚(フラシュ)

数字順3枚(ストレート)

それ以外(役無し)

ルールを説明します。

村人カードをよくシャフルして、各プレイヤーに6枚ずつ配ります。残りは山札として場に置きます。

スタートプレイヤーから、境界石の自分側の前に1枚手札から出します。その後、山札から1枚引き手札に補充します。

これを繰り返し、境界石カード前には3枚までの手札を置きます。お互いに3枚置いたときに、強い役を作った方のプレイヤーが境界石を取ります。

下の写真の場合は、左のプレイヤーが境界石を取ります。

同じ役の時は、数字の合計の大きい方の勝ちです。下の写真の場合は、左側のプレイヤーの勝ちです。

また、自分が3枚出したときに、相手側が3枚出していなくても、勝っていることが証明できれば、境界石を取ることが出来ます。ただし、照明は場に出ているカードのみで証明します。手札にあるカードは照明に使えません。

境界石カードを5枚または3連続の境界石カードを取ったプレイヤーの勝利です。

感想です。

最初はそんなに悩まずにカードを置いていけますが、だんだんカードが出てくるほどに、どこに何を出していけばいいのか悩むゲームです。出てくるカードが明らかになると、残っているカードと自分の手札が明らかになってくるので、相手がどのようなカードを持っていて、何の役を狙っているかも分かってきます。

有名な「バトルライン」というゲームの前に作られたカードゲームで、ルールは同じですが、「バトルライン」にある戦術カード(特殊な効果があるカード)が無いので、最後に大逆転のような感じではないので、かなりシビアなゲームだと思います。運の要素が少ないので、好き嫌いの好みが分かれるゲームですね。

両方プレイして、違いを比較してみるのも面白いかも知れません。

以上「ショッテントッテン」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

バトルライン (Battle Line) 日本語版2016 カードゲーム

新品価格
¥2,678から
(2018/10/6 16:17時点)

楽天

ショッテントッテンカードゲームSchotten Totten・お取寄

価格:7,020円
(2018/10/6 11:21時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事