マスカレイド ルール&レビュー 13人までプレイ出来ます! 正体隠匿系 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「マスカレイド」の紹介です

自分のキャラクターは何なのか?

プレイしている内に誰が誰だかはっきり分からなくなる中、自分のキャラクターを推理しその能力を使用してお金を稼いでいきます。

13人でプレイ出来るという正体隠匿系ボードゲームです。

マスカレード

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 4人~13人 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

各プレイヤーは自分のキャラクターカードを1枚持ちます。

ゲーム中にこのキャラクターカードはドンドン交換されていきます。またカードはゲーム中基本的に裏向きのままです。よってゲームが進むほど、自分のキャラクターカードがなんであるか分からなくなってきます。

ゲームの目的は自分のキャラクターの特殊能力を使って13金を集めることです。

ゲームでは手番になったら自分はこのキャラクター〇〇の能力を使いますと宣言します。しかし、カードは裏向きなため本当にそのキャラクターなのか?は誰も分かりません。

誰も異議を唱えなければその能力を発揮します。誰か異議を唱えて「自分が本当の〇〇です」と言った場合は自分のカードと異議を唱えたプレイヤーのカードを表にして確認します。

間違えていたプレイヤーが罰金を支払います。

これを繰り返し、13金集めたプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

キャラクターカード12種類13枚あります(農夫は2枚)。

マスカレード

コイン裁判所ボードです。

マスカレード

キャラクタートークンです。プレイ中にどのキャラクターを使用しているかを確認するため場に置きます。

マスカレード

準備

各プレイヤーにコイン6金を配ります。

人数に応じて必要なキャラクターカードを用意します(下の写真のように人数に応じて使用するキャラクターカードは決まっています)。残りのキャラクターカードは箱にしまいます。

キャラクターカードを裏向きで良くシャフルして各プレイヤーの前に裏向きのまま置きます。

裁判所ボードを中央に置きます。

以上で準備完了です。

ルール説明

スタートプレイヤーを決め時計回りに手番を行います。

手番では次の3つの内1つを行います。

注意 ただし、ゲーム開始の最初の4人は「自分のカードを交換(交換のふりを)する」しか行えません。

1.自分のカードを交換(交換のふりを)する

2.自分のカードを秘密裏に見る

3.自分のキャラクターを宣言する

1.自分のカードを交換(交換のふりを)する

自分のカードと他のプレイヤーのカードを表を見ないで、他のプレイヤーに見られないように交換または交換するふりをしてカードを裏向きで自分とそのプレイヤーの前に戻します。

2.自分のカードを秘密裏に見る

自分のキャラクターカードを自分だけ見ることが出来ます。

3.自分のキャラクターを宣言する

自分のキャラクターの能力を使用します。

この「自分のキャラクターカードを宣言」をした時は、他のプレイヤーはすぐに時計回りの順に「自分も同じキャラクターである」と宣言することが出来ます。

もし、他のプレイヤーが宣言しない時はその手番プレイヤーが能力を使用出来ます。その時にキャラクターカードを表にする必要はありません!

もし、他のプレイヤーも宣言した場合は、その宣言したすべてのプレイヤーは一斉にキャラクターカードを表にします。その中で本当にそのキャラクターカードであったプレイヤーはその能力を使用します。キャラクターカードを表にした他のプレイヤーは裁判所ボードにコインを1金支払います。

表にしたカードがすべてそのキャラクターで無い場合は、全員が裁判所ボードに1金支払います。

カードのキャラクター紹介

一部のキャラクターの能力を説明します。

マスカレード

左から

銀行から3金を得る

女王

銀行から2金を得る

判事

裁判所ボードにあるお金をすべて獲得する

マスカレード

魔女

プレイヤー1人を選び自分と相手の所持金をすべて交換する

司教

最も所持金の多いプレイヤーから2金を取る

詐欺師

自分のコインが10金であれば勝利する

これ以外に道化・泥棒・密偵・農夫×2・審問官・未亡人の6種類計12種類のキャラクターがいます。

ゲーム終了条件

1.「13金を獲得した」または2.「いずれかのプレイヤーが所持金0になった」時にゲームは終了します。

1の場合はそのプレイヤーの勝利、2の場合は最も所持金の多いプレイヤーの勝利です。

感想

カードがドンドン交換されていき、自分のキャラクターが何であるかはゲームが進むにつれて混沌としていきます。

といって自分のキャラクターカードを見ると1手番消費されるのであまり自分のキャラクターを確認しているとゲームに勝てません。ある程度はったりで堂々と「自分は〇〇である」と宣言していく方が良いですね。

相手の邪魔をするためにも相手の宣言に対して「自分も〇〇です」とドンドン対抗していく方がゲームが盛り上がりますね。

6人から8人くらいがちょうど良いような感じがします、10人以上だとキャラクターが多すぎるのと自分のキャラクターが全く分からなくなると思うので、プレイはしていませんがどうなんでしょうか?

マスカレード

ゲームとしてはかなり盛り上がります。ぜひ一度プレイして欲しいボードゲームです。

以上「マスカレイド」の紹介でした

楽天

ブルーノ・フェイドゥッティのマスカレイド 日本語版

価格:3,740円
(2020/3/16 08:43時点)
感想(0件)


正体隠匿系ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事