私の世界の見方 大喜利系カードゲーム 相手の感性に合う言葉を探そう! ルール説明 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです

今回は「私の世界の見方」を紹介します。

お題に合う言葉を選んでいき、親が一番気に入った言葉を選んでいきます、1番多く選ばれたプレイヤーが得点を得ます。大喜利系の本当に盛り上がるパーティゲームです!

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~9人 ゲーム時間 60分

下の写真が、お題カードです。お題は180題もあります。

下の写真が、回答カードです。392枚もあります!


ルール説明

回答カードを12枚ずつ手札として各プレイヤーに配ります。

親を選び、親はお題カードを1枚めくり場に置きます。親以外の各プレイヤーは、お題に合うと思うカードを手札から1枚選び、裏向きにして出します。

親プレイヤーは、山札の回答カードから1枚裏向きのまま選び、場に出たカードと一緒によくシャフルして、表にしてお題カードの下に並べます。

親は、表にした回答カードの中から、お題に1番合うと思うカードを1枚選びます。親に選ばれた回答カードを出したプレイヤーがそのお題カードを自分の前に置きます。(お題カード1枚が1得点となります)

親が山札から1枚引いたカードを選んだ場合は、親の失点となります。親は自分の前にあるお題カードを箱に戻します。(カードがない場合は失点はありません)

カードが選ばれたプレイヤー以外のプレイヤーは、山札から回答カードを1枚引きます。(つまり、得点したプレイヤーほど回答カードの枚数が少なくなるということです)

時計回りに親が交代します。これを繰り返し、ある枚数以上の回答カードを獲得したプレイヤーの勝利です。(4人7枚・5人6枚・6人5枚・7~9人4枚)


感想

このゲームかなり盛り上がりますね、カードゲーム初心者でもすぐゲームに参加出来ます。自分が思うカードと親が選ぶカードの感性の違いがあり、人によって感じ方が異なることが実感できます。

親の性格を考えて、お題に合うカードか、笑いになるカードを出すかを考えるのも楽しいですね。とにかく自分ではなく親に選んでもらわないと得点できないので・・・。

人数がある程度いた方が面白いと思います。また、ゲーム終了枚数は、その場の状況に合わせて自由に設定して良いので、他のゲームが終わるのを待っている時間の合間にも出来るところもいいです。

お題カードと回答カードがかなり沢山あるので、毎回面白い回答が出ることがあり、爆笑するような場面もあります。ぜひプレイしてみて下さい。また最近拡張カードの「もっと私の世界の見方」が出たので、これも加えてプレイして見るのも良いと思います。

以上「私の世界の見方」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

他の傑作ボードゲーム

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

私の世界の見方/Urs Hostettler作

新品価格
¥6,700から
(2018/10/5 13:53時点)

 

もっと私の世界の見方(私の世界の見方拡張セット)/テンデイズゲームズ/

新品価格
¥1,620から
(2018/10/5 13:53時点)

 楽天

私の世界の見方

価格:3,780円
(2018/8/25 14:14時点)
感想(0件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事