第2回習志野ボードゲーム会を開催しました プレイしたゲーム紹介 第3回は3月21日(土)です

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

第2回習志野ボードゲーム会を開催しました

2020年2月22日(土)習志野ボードゲーム会2回目の開催となりました。今回は14名の参加となりました(小学生2名)。

朝方雨が降っていて心配でしたが、午前中には雨も止んで良かったです。

今回は中量級・軽量級を持ち込みました。左半分が私の持ち込みです、右半分は他の方の持ち込みです。

プレイされたボードゲーム

アズールサマーパビリオン

なかなか評判のいい「アズール」第3弾です。3作品の中で最も面白いという方が多いですね。今回もプレイした方の評価は高かったです。

翡翠の商人

獲得枚数を競るという単純ながら、面白いセットコレクション系カードゲームです。

スタータップス

投資家となって、企業に投資してお金を稼ぐゲームです。その企業のカードを最も多く出した人だけがお金をもらえる。

もっとホイップを

綺麗でかわいい感じですが、実はガチなゲーマー向けのボードゲームですね。ケーキを人数分切り分けて順番にケーキを取っていく、同じ種類のケーキが最も多いプレイヤーにだけ得点が入ります。

ジャストワン

2019年ドイツゲーム大賞受賞作品です。言葉系ボードゲームで安定した面白さでボードゲーム初心者でもすぐにプレイできますね!

あやつり人形

各ラウンドごとにカードドラフトで役割の人物を選び、人物の効果を使い街を発展させて勝利点を獲得していくゲームです。誰がどの役割のカードを取ったのかを推理しながらゲームが進みます。

タイムライン恐竜編

恐竜の大きさに沿って並べていくという、勉強にも役立ちそうな内容のカードゲームです。

カツカレー喰ってる場合か?

政治家となりさまざまの物の庶民の適正価格を探っていくカードゲーム、パーティ系ボードゲームです。

リトルタウンビルダーズ

フランスのゲーム大賞ノミネート作品、お手軽のワーカープレイスメントです。軽い割にはいろいろ悩み所が多く良い作品です。

タイニータウン

みんな同時に同じ資源をボード上に置いて、街を作っていくパズル系のボードゲームです。なかなか悩ましく上手くプレイしないと点数を稼げません。

クィーンズ

養蜂家となって花とハチを集めていき、同じ色の花を隣接するように庭園タイルを配置すると得点が入ります。

パスタリー

3次元で道を繋げていくボードゲーム、多くの枚数を重ねたタイルの道を通ると得点が加算されます。

スカルキング

トリックテイキングのカードゲーム、いろいろ複雑なトリックの勝ち方があり、毎ラウンド何トリックを取ることが出来るかを宣言して、宣言したトリックを取っていくゲームです。

ポイゾン

クニッツィアの軽量級ボードゲームです。毒を釜に入れていき釜から毒があふれる(バースト)とそのカードを取っていかなければならない!ジレンマ一杯のゲーム。

ウイングスパン拡張込み

2019年ドイツゲーム大賞エキスパート部門受賞作品、カードが1枚1枚全て異なっていています。カードの効果をうまく使っていく拡大再生産型のボードゲームです。

ノヴァルナ

パズル系のタイル配置ボードゲームです。

この他にも「ノコスダイス」「クク」「愚かな牛」「ワードスナイパー」などが遊ばれていました。

今回もゲーム卓を調整する役割が中心でしたので、プレイしたゲームは3つでしたが、楽しい雰囲気の中でとても楽しめました。

皆さん良い方たちばかりで、皆で楽しくボードゲームがプレイできました。

次回の「第3回習志野ボードゲーム会」は3月21日(土)です。

 

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事