ペッパー トリックテイク系カードゲーム 相手にペッパーを押し付けろ!!! ルール説明 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです

今回は「ペッパー」の紹介です

相手にペッパーカードを押し付け合うトリックテイク形式のカードゲームです。非常に安定の面白さのカードゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 3人~9人 ゲーム時間 30分

2から18までの数字が描かれたカードと1の代わりにペッパーが描かれたカードの18枚のカードが6色あります。人数によって使うカード枚数が異なります。

  人 数   色の数    数 値
  3人   4   1~9
  4人   4   1~12
  5人   5   1~12
  6人   6   1~12
  7人   6   1~14
  8人   6   1~16
  9人   6   1~18

下の写真がペッパーカードは色ごとに異なる絵が描かれています。ペッパーカードは各色の1として扱います。


ルール説明

カードをよくシャフルして、各プレイヤーは、12枚の手札を受け取ります。もし、手札の中にペッパーカードがある場合は、表にして自分の前に置きます。

スタートプレイヤーは、1枚自分の前にカードを出します。次のプレイヤーは、同じ色のカードを出さなければなりません(マストフォロー)。もし、同じ色のペッパーカードが自分の前にあれば、そのペッパーカードを出しても構いません。

全員が1枚出し終わったら、1番大きな数字を出したプレイヤーはすべてのカードを引き取ります。その中にペッパーカードがあった場合は自分の前に置いて置きます。そのペッパーカードは再び次の手番から場に出すことが出来ます。

下の写真の場合は12を出したプレイヤーがカードを引き取ります。

もし、手札に同じ色のカードがない場合は、好きなカードを出して構いません。当然自分の前のペッパーカードを出してもいいのです。この場合も最初に出した色のカードで1番大きい数字を出したプレイヤーがカードを引き取ります。

このようなことを繰り返していき、誰かのカードが無くなった回で1ラウンド終了です。得点計算に入ります。

自分が引き取ったペッパーカードと同じ色のカード1枚につき-1点、ペッパーカードは-2点です。つまり、同じ色のペッパーカードが無ければ、その色のカードが何枚あっても0点です。合計点を記録します。これを5ラウンド繰り返し、最も点数の高いプレイヤーが勝利します。


感想

ペッパーカードが無ければ0点なので、何枚取ったかではなく、いかにペッパーカードを相手に押し付けるかが大事です。ただ相手に押し付けても、またそのペッパーカードは相手が再び使うことが出来るので、最後までどうなるかわかりません。何色のカードがどれくらい出ているのかを考えながらカードを出していく必要があります。

1のカードを何回も使用できるところがとても効いています、正にペッパー(ピリリと辛い)!

9人まで対応しているのも良いですね。ただ、人数ごとに使うカード枚数が異なるので、最初の準備だけはちょっと大変なところがあります。しかし、それを差し引いても、なかなか面白いカードゲームだと思います。ぜひプレイしてみて下さい。

以上「ペッパー」の紹介でした

他の傑作カードゲーム

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

ペッパー日本語版(Pepper)/テンデイズゲームズ/クラマー&キースリング

新品価格
¥5,800から
(2018/10/22 16:15時点)

楽天

ペッパー[Pepper] 日本語版

価格:2,160円
(2018/8/22 08:51時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事