こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「横浜紳商伝DUEL」の紹介です

とても面白いボードゲームという評判であった「横浜紳商伝」の2人専用版です。同じような中身ながら、時間を短縮できるよう工夫されたゲームとなっています。このDUELもかなり面白いゲームとなっています。

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 2人専用 ゲーム時間 60分

ゲームの概要

1つのエリアを選び、パワーカードをそこに置くことによって、そのエリアの効果を発動するというワーカープレイスメントという系列のゲームです。

港で舶来品を揃えたり、注文カードに応じた交易品を獲得して注文を達成したり、教会で信仰値を上げたりして勝利点を上げます。研究所で新しい技術を獲得してゲームを有利に進めることも出来ます。

外国人を使ってエリアの効果を発動したり、銀行でお金を得たり、商品を交換したりしてというように、やることが沢山ありそれぞれが勝利点に密接に関係しています。

エリアを交互に4回ずつ選び、それぞれの効果を発動します。それが終わると1ラウンド終了です。これを4ラウンド繰り返しゲーム終了です。

勝利点を多く獲得したプレイヤーが勝利します。

ゲーム内容物

まずパワーカードを置く10のエリアの紹介です。

エリアにパワーカードを置くことで効果が発動します。

漁場・茶畑・銅鉱山・製糸場で、それぞれ交易品を生産します。パワーに応じて生産量が増えます。

中華街では物の交換が出来ます。パワーに応じて交換できる回数が増えます。

税関ではゲーム中に獲得した舶来品チップを通関済み(裏向き)にします。裏向きにするとゲーム終了時、舶来品チップ1枚につき4点になります。パワーに応じて通関済みに出来る枚数が増えます。

銀行では、パワーに応じてお金がもらえます。

教会では信仰値を上げることで教会カードを獲得出来ます。信仰値は11まで上げることが出来ます。

研究所では、技術カードを獲得できます。パワーに応じて価値の高い技術カードがもらえます。

では、注文書カードが獲得できます。パワーに応じてその枚数から好きなカードを選べます。(例えばパワー3なら3枚から1枚選べます。お金を払えば2枚まで選べます)

ゲームのラウンド中はエリアには1枚のパワーカードしか置けないのですが、この2つのエリアに関しては何枚でも置くことが出来ます。

交易品チップです。魚・銅・生糸・お茶チップです。

舶来品チップです。裏は通関済みとなります。

左2つががお金チップ、右にあるのが店舗チップ(8枚)と商館チップ(4枚)、それぞれのプレイヤーごとにあります。

各プレイヤーに配られるパワーカードです。パワー1~4まであります。お金を払うことでアップグレード(裏にする)することも出来ます。1ラウンドで4枚全て配置します。

ボーナスでもらえる、追加パワーカードです。+1と+2があります。エリアにパワーカードを置くときに一緒に置いてパワーを増幅します。

下の写真のように、エリアにパワーカードを置きます。

この場合は3+2=5パワーなので、お茶チップを5個を獲得出来ます。

 

パワーボーナスカードです。エリアのパワーが5以上の時にこのカードを獲得できます。パワーに応じてボーナスがもらえます。ただし、パワーは5以上でもエリアでは5が上限です。

例えば、パワー7の場合5+・6+・7+のどれか好きなボーナスを1つ選べます。ただしエリアのパワーは5です。

技術カードです。左上の数字が獲得するためのパワーです。いろいろな効果があります。

例えば1番右の「電信」カードを所持すると追加パワーカードの効果が更に+1されます。

注文書カードです。このカードの中央の条件を満たすと下のボーナスを獲得します。勝利点はゲーム終了時に加えます。

下の写真の1番左の場合、生糸2・魚2・銅1で、1金と6勝利点を獲得できます。

お雇い外国人カードです。エリアを選んで3パワーで効果を発動出来ます。つまり手番を1つ増やすことが出来ます。

技術カード3枚獲得・達成した注文書3枚・通関済み舶来品2個・教会カード2枚ごとにお雇い外国人カード1枚もらえます。しかし7枚までしかありません。

教会カードです。信仰値を上げた数と同じ数値のカードを取ります。カードを取るとボーナスがもらえます。また数字が、ゲーム終了時の得点になります。

スコアシートです。

ゲーム準備

各プレイヤーは、各色のパワーカード4枚、銅・生糸・お茶・魚チップ各1個、お金3円(後攻4円)追加パワーカード+1を1枚(後攻2枚)受け取ります。

店舗チップ8枚商館チップ4枚プレイシートに置きます。数字はエリアに店舗・商館を配置するとき払うお金を表しています。

エリア10枚を中央に並べます。

パワーカードを各プレイヤーは4枚受け取ります。パワーボーナスカード・注文書カードを良くシャフルして山札として置きます。

教会カードは良くシャフルして6枚だけ裏向きで選び表にして並べます。残りのカードは箱にしまいます。技術カードは良くシャフルして、山札とし5枚表にして並べます。お雇い外国人カードを表にしてすべて並べます。

以上で準備完了です。

ルール説明

1ラウンドで交互にプレイヤーは4手番ずつ行います。ラウンドが終了したら、先攻と後攻を入れ替え次のラウンドに入ります。計4ラウンドでゲーム終了です。

1手番では以下のアクションを行います。

エリアステップアクション

エリアを1つ選びパワーカードを選び、そのエリアに置き効果を発動します。

パワーカードは必ず1番小さいパワーのパワーカードから出さなくてはいけません。(重要)

ただし、既にパワーカードが置かれているエリアには置くことが出来ません(研究所・港を除く)。また追加で、追加パワーカードを1枚置くことも出来ます。

エリアに自分の商館が置かれている場合は1円を獲得します。

パワー数は以下のように加算されます。

パワーカード・追加パワーカード・店舗(1パワー)・商館(1パワー)・駅チップ(1パワー)・技術カードの効果分のパワー

パワーが6以上になっても5パワーの効果発動です。

パワーボーナスステップアクション(任意)

このアクションは行わなくても構いません。

パワーの合計が5以上の場合にアクションを行うことが出来ます。(行わなくても構いません)

パワーボーナスカードを1枚取りその効果をすぐに発動し捨て札とします。

7以上の場合は+7・+6・+5の効果から、6の場合は+6・+5の効果から、5の場合は+5の効果を発動します。

店舗・商館建設アクション(任意)

このアクションは行わなくても構いません。

パワー4以上のときに、エリアに店舗・商館を1つ建てることができます。建てられる数は、店舗はエリアに1つずつ・商館はエリアに1つです。建てる金額はプレイシートに描いてあります。

フリーアクション

自分の手番で好きな手順で何回でも行うことができます。

注文書の達成

注文書カードに描かれている交易品を支払い、注文書カードに描かれているボーナスをもらいます。

お雇い外国人獲得チェック

お雇い外国人カードは、技術カード3枚獲得・達成した注文書3枚・通関済み舶来品2個・教会カード2枚ごとにお雇い外国人カード1枚もらえます。

お雇い外国人の使用

お雇い外国人カードは、1つのエリアを選び3パワーとして効果を発動できます。すでにパワーカードが置かれているエリアでも構いません。追加パワーカードや店舗など通常と同じようにパワーを追加して計算します。

その後パワーボーナスステップアクション、店舗・商館建設アクションを行います。

使用したお雇い外国人カードは裏にします。

技術カードの使用

自分が所有する技術カードの特殊効果を使用できます。

 

以上が1手番となります。その後次のプレイヤーの手番となります。

交互に4手番で1ラウンド終了です。

次のラウンド準備

パワーカードを自分の手元に戻します。1枚のパワーカードを選び指定されたお金を払いアップグレード(裏にする)ことができます。

場にある技術カードを全て捨て札にし、山札から5枚の技術カードを表にして場に並べます。

先攻と後攻プレイヤーを入れ替えます。

ゲーム終了条件

4ラウンドでゲーム終了です。

得点計算

1.達成した注文書カードの勝利点

2.達成した注文書カードの枚数の多い方に6点

3.技術カードの特殊効果の勝利点

4.技術カードの工業地の合計の多い方に6点

5.教会カードの勝利点

6.商館1軒ごとに5点・店舗1軒ごとに1点

7.通関済み(裏になった舶来品チップ)1個につき4点、表向きの舶来品1個につき1点

8.お金2円ごとに1点、交易品3個ごとに1点

以上の総合勝利点が多い方の勝利です。

感想

2人専用ゲームとして発売された「横浜紳商伝DUEL」やはり面白いです。新たな2人専用ゲームの定番として人気が出そうな気がします。慣れた2人でやれば、本当に45分くらいで終わりそうです。2回3回と再戦できるところが良いですね。「横浜紳商伝」だと2回3回となるとちょっときついですが・・・。

いろいろな勝利点獲得方法があるので、どの戦略が効果があるのか試してみたいというリプレイ欲がでます。

ただ「横浜紳商伝」のようにエリアのつながりが変わったり、エリアごとの店舗・商館ボーナスのランダム性が無くなったのが少し残念です。DUELでもエリアごとにランダムに店舗・商店ボーナスが変化する要素があった方が良かったような気がします。

とにかく元の「横浜紳商伝」の良さをすごく残したまま、コンパクトな2人専用ゲームとなったのは本当にありがたいことです。このゲームが出来るようになれば、本家の「横浜紳商伝」もすぐできるようになります。

ぜひあなたも「横浜紳商伝DUEL」をプレイしてみて下さい。

以上「横浜紳商伝DUEL」の紹介でした

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

OKAZU Brandのボードゲーム

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

横濱紳商伝デュエル

新品価格
¥3,456から
(2018/12/5 13:14時点)

 

横濱紳商伝

新品価格
¥5,660から
(2018/12/5 13:13時点)

 

楽天

横濱紳商伝

価格:5,918円
(2018/12/5 14:05時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事