犯人は踊る カードゲーム紹介 ルール説明 「犯人はおまえだ!!」 初心者でも楽しめるボードゲーム

 

犯人はおまえだ!!!!

ってセリフ1回くらい言ってみたいですよね。今回はそんな皆さんのそんな夢を叶えてくれるゲームです。

犯人は踊る(第3版)」の紹介です。

 

ボードゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 3人~8人 ゲーム時間 10分

ルール説明です

このゲームは各自4枚カードを受け取り、各プレイヤーは時計回りに順番に1枚づつカードを出していきます。4枚ありますから、4巡するまでにゲームは終了します。

カードを場に出したら、そのカードの指示に従いながらゲームは進みます。このゲーム、早ければ1分長くても10分で終わります。

下の写真が各カードです。イラストがゆるキャラな感じがまた良いですよね。!?

最終的にどうすればこのゲーム勝てるのか。

その1 探偵カードを持っているプレイヤーがそのカードを出し、犯人カードを持っていると思われるプレイヤーに対し、「犯人はおまえだ!!!」と言ってそのプレイヤーが「はい犯人です」と言えば、その探偵カードを出したプレイヤーの勝利です。

その2 犯人カードを持っているプレイヤーが最後の4巡めに最後に犯人カードを出せば、そのプレイヤーの勝利です。(そのとき たくらみのカードを事前に場に出していたプレイヤーは同時に勝利となります)

その3 犬カードを持っているプレイヤーはそのカードを出したときに、他のプレイヤーのカードを1枚選び、そのカードが犯人ならばそのプレイヤーの勝利です。

実はこのゲーム探偵と犯人はころころ変わるんです、なぜなら手札は各プレイヤー間を移動するからです。以下のカードがそれらの手札移動カードです。

また、犯人なのに「犯人はおまえだ!!!」と指名されても「いいえ違います」と答えていいカードもあります。下の写真の「アリバイ」カードがそれです。



感想です

このようにいろいろなカードがあるために、犯人は入れ替わり終盤までにいろいろなドラマが生まれます。

例えば、「犯人カードを渡して、次の手番で持っている探偵カードでその人を指名する」とか「犯人カードで最後逃げ切れるとおもったら、そのカードが他の人に行ってしまう」とか「あてずっぽうに適当に指名したら犯人だった」とかその度に何か面白いことが起こります。

このゲーム犯人で勝つのはちょっとだけ難しいかも知れません。どちらかと言うと探偵側の勝利が多いような気がします。また手札運が大きいので、その時の運で勝ち負けが決まることが多いと思います。そういうパーティゲームだと割り切って楽しく騒ぐゲームだと思います。

そのメンバーにもよるかもしれませんが、10分で終わるので3回くらいやっても30分、時間調整にもいいしルールも簡単な良いカードゲームです。

以上「犯人は踊る」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

カードゲーム 犯人は踊る (第三版)

新品価格
¥1,296から
(2018/10/4 14:28時点)

楽天

犯人は踊る(第三版)

価格:1,296円
(2018/7/23 12:02時点)
感想(3件)



広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事