こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「カエルの王国」の紹介です

美しい五色の沼を巡るカエルの陣取りゲームです。あなたはカエルを族の王となり、いくつかのグループに分かれたカエルを率いて、5つのエリアを支配しましょう。

見た目はかわいいですが、ガチのアブストラクト系ボードゲームです。

カエルの王国

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

カエルコマをいくつか重ねたスタックコマを交互に置いたり、展開して5色に分かれた色ごとカエルを配置していきます。全部のコマを配置し終わったら、色別のエリアごとに点数を比べます。

エリアごとに、どちらのプレイヤーが点数を多く取ったかを比べます。5色のエリアの過半数を獲得したプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

カエルコマが4色あります。各色ごとに王様コマ・カエルコマ・ハスコマの3種類あります。

カエルの王国

ボードはタイルを組み合わせて作ります。5×5のタイル配置例です。同じ色同士が縦横に接するように配置します。

ゲームでボードを作る度にボードが変化します。

カエルの王国

5×5の別の配置例です。

カエルの王国

ルールは、下の写真のように9種類あります。

今回は2人用初級ルールを説明します。

初級ルールの準備

自分の色のカエルコマを以下のように並べます。各列の1番下がハスコマになります。右の5個の1番上は王様コマを置きます。

カエルの王国

これを各縦列ごとに重ねて(スタック)置きます。初級ルールでは、4個のスタックを作ります。

カエルの王国

初級ルールでは5×5のボードを使用します。2人プレイなので、以下のように配置します。

カエルの王国

以上で準備完了です。

ルール説明

スタートプレイヤーを決め、交互に手番を行います。

手番で出来ることは以下の2つの内1つを選びます。

1.おく(配置)

スタックの中から1つのスタックを選び、ボード上のコマが置かれていない1か所に置きます。

カエルの王国

下の写真は、2手目に相手プレイヤーも「おく」アクションをした場合です。

カエルの王国

2.ひろげる(展開)

既にボード上に配置してあるコマを、隣接する縦または横のマスに1個ずつ置いていきます。置き方は、1番下のコマを残していくように配置していきます。よって、起点はスタック1番下のハスコマになる訳です。

コマは、何もコマが置かれていないマスに置かなければいけません。また、コマは1枚になるまで、すべて配置しなければなりません。

カエルの王国

カエルの王国

ただし例外があって、1番上が王様コマのスタックの場合は、空きマス以外に1枚だけ置かれているカエルコマの上に展開することが出来ます。(ハスコマ、相手の王様コマの上には配置出来ません)

カエルの王国

下の写真のように王様コマスタックの場合は、赤の枠の相手カエルコマの上にコマを乗せて展開出来ます。

カエルの王国

交互に手番を繰り返します。

ゲーム終了条件

以上を交互に繰り返していき、すべてのスタックを配置し、展開したらゲーム終了です。

カエルの王国

得点計算

各色別のエリアごとに、点数を比較していきます。カエルコマは1点・ハスコマは2点・王様カエルは3点です。

あるエリアの点数が同じ時は、カエルコマを除いて再びそのエリアの点数を比べます。

点数が多い方のプレイヤーがそのエリアを支配したことになります。支配エリアの多いプレイヤーの勝利です。

下の写真の場合は、

青い枠のエリアは、緑プレイヤーが4点・赤プレイヤー5点なので赤プレイヤー

赤い枠のエリアは、緑プレイヤーが4点・赤プレイヤー3点なので緑プレイヤー

白い枠のエリアは、緑プレイヤーが3点・赤プレイヤー3点なのでカエルコマを除いて再び計算し直します。すると、緑プレイヤーが2点・赤プレイヤー0点なので緑プレイヤー

カエルの王国

このゲームにはバリエーションルールがいろいろあります。基本は2人用ゲームですが、その場の人数に応じて3人・4人でもプレイ出来ます。

カエルの王国

中級ゲームの6×6のボード例です。

カエルの王国

上級ゲームの7×7です。

タイルの裏にはが開いているものもあります。に置くとゲームの終了後の得点計算時に、そこのコマは取り除かれてしまいます。

カエルの王国

感想

5×5の初級だと5分以内で終わります。かなりお手軽ゲームのようですが、完全な公開情報のゲームなので、シビアな戦いになります。先手がやはり有利な気がしますが・・・カエルの王様は後手の方が後に置ける可能性が高いので、そうでもないのかな?

よって、子どもとプレイするときは、5×5くらいがちょうど良いのかもしれません。しかし、大人同士ならば7×7の上級ルールが面白いですね!

毎回ボードのエリアが変化するので戦略はそのたびに変わりますので、長くゲームは楽しめそうです。かなり、思考性が高いゲームなので、長考するプレイヤーが出てくる可能性はありそうです。

私は、将棋などが好きなので(ちなみに将棋道場で3段と言われました・・・20年くらい前の話ですけどね・・・)こういうゲームは好みです!

アブストラクト系ゲームが好きな方やパズル系ゲームが好きな方には、10~15分くらいで終わる2人用ゲームとして良いのではないでしょうか?!

カエルの王国

以上「カエルの王国」の紹介でした

思考性の高いガチゲーの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

カエルの王国

新品価格
¥2,800から
(2019/7/1 10:52時点)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事