こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「バンディッド」の紹介です

バンディド(無法者)が脱走しようとしています。全員で協力してすべての出入り口を閉じ、バンデットを牢屋から出さないようにしましょう!

協力系ボードゲーム「バンデット」、ソロプレイも可能です。

バンディド

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 1人~4人 ゲーム時間 15分

ゲームの概要

各プレイヤーは順番に手札からカードを1枚、バンディドのいる牢屋に道が繋がるように出していきます。

バンディドが出られないように道をすべて閉じればプレイヤー全員の勝利です。

道が繋がるようにカードが置けなかったり、道を閉じられなかった場合はプレイヤー全員の負けです。

ゲーム準備

バンディドカードです。両面あって下の写真は道が6本ある標準用カードです。

バンディド

下の写真は、道が5本のやさしいバージョンです。最初はこちらの面でプレイした方が良いでしょう。

バンディド

道カードが69枚あります。

バンディド

ルール説明

バンディドのカードを場に置きます。

バンディド

道カードをすべてをよくシャフルして、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。残りのカードは山札として場に置きます。

スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。

手番では、手札から道カードを1枚出して、道が繋がるように道カードを置きます。カードは縦でも横でも構いません。

道カードを配置し終わったら、山札から道カードを1枚補充します。

バンディド

以下のプレイヤーも同じように道カードを出していきます。

バンディド

道カードを配置するときに、道が繋がらないように出すことは出来ません。

バンディド

また、道カードが出せない空間に道があるカードも出すことは出来ません。

バンディド

手札の3枚がどうしても繋がらない道カードばかりであるときは、手札3枚を山札の1番下に戻し、新たに道カードを3枚引きます。

以上を繰り返します。

ゲーム終了条件

道のすべてを閉じることが出来れば、プレイヤー全員の勝利です。

下の写真は、道がすべて閉じられ状態です。

バンディド

山札が尽き、道も閉じられない場合はプレイヤー全員の負けです。

感想

山札から、懐中電灯が描かれた道カードが出てくるまで、辛抱して道をつなげていかなければならない我慢のゲームと言った感じでしょうか。

カード運にもよりますが、そんなに簡単に道を閉じることは出来ないですね(2人プレイ時)。懐中電灯の道カードか巡回型の道カードが手札に無い限り、道を閉ざすことが出来ないの・・・。

3人や4人プレイなら比較的道を閉じるのも難易度がやさしくなるような気もします。

協力系ゲームなのですが、相手の出されたカードにどう配置すれば良いかを相談するくらいなので、協力系という感じがあまりしないかな?

むしろ、ソロゲームとしてプレイした方が面白いかも!?

バンディド

ただ、ゲームが単調すぎるような気もしますね?!何かもう一つルールがあれば良かったような気がします。なんとなく物足りない感じのゲームかなというのが正直な感想です。

以上「バンデッド」の紹介でした

協力系ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 5点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

Helvetiq Bandido Card Game

新品価格
¥2,758から
(2019/7/3 09:12時点)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事