ジャングルスピード 反射神経型ボードゲームの代表 トーテムポールを取れ! ルール説明

 

今回は「ジャングルスピード」の紹介です

反射神経型のボードゲームとして1番の知名度を誇るボードゲームだと思います。ゲームは簡単、同じ形のカードがでたらトーテムポールを掴むだけです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~10人 ゲーム時間 15分

ジャングルスピード ゲームの箱

下の写真がトーテムポールです。木製で15㎝くらいあります。

ジャングルスピード トーテムポール

80枚あるいろいろな模様と色のカードがあります。

ジャングルスピード カード

カードの中には、似た模様のカードもあります。間違え易いですよね~。

ジャングルスピード 似ているカード

下のカードは特殊カードです。左から、アイアイアイ・オーララ・ウォプウォプと名前が付いています。それぞれのカードの意味を説明します。

アイアイアイ このカードが出たら、カードの形ではなく色が同じカードの時トーテムポールを掴みます。

オーララ このカードが出たら全員が一斉にトーテムポールを取りに行きます。最初にトーテムポールを掴んだプレイヤーは自分のめくったカードをトーテムポールの下に入れます。これをポットと言います。

ウォプウォプ このカードが出たら、全てのプレイヤーは一斉に自分のカードをめくります。

ジャングルスピード 特殊カード


ルールを説明します

カードをよくシャフルして、人数分均等になるようにカードを分けて裏のまま各プレイヤーの前に置きます。

ジャングルスピード 開始準備の図

手番のプレイヤーは、カードを相手向きにめくります(自分向きにめくって、自分だけが先にカードが見えるようにしてはいけません)。カードをめくるときは、必ず片手でめくります。めくったカードは山札の前に出します。

時計回りに順番にめくっていきます。

ジャングルスピード プレイ画面

同じ形のカードが出たら、同じ形同士のプレイヤーの2人のみの戦いになります。

2人のプレイヤーはトーテムポールを素早く掴みます。早く掴んだプレイヤーが勝者です。同時の時は触れてる指の数が多いプレイヤー、それも同じ時はより下側を持っているプレイヤーが勝者です。

下の写真の場合は、右と左のプレイヤーの戦いとなります。

ジャングルスピード プレイ画面

敗者のプレイヤーは、勝者がめくって前に出したカードを全て受け取り裏にして自分の山札の下に入れます。また、もしトーテムポールの下のポットのカードがある場合は、そのカードも受け取ります。

下の写真は、左のプレイヤーが勝者、右のプレイヤーが敗者となりました。

似た模様のカードが出て、間違ってトーテムポールを掴んでしまったプレイヤーはお手付きとなります。お手付きをしたプレイヤーは全員のめくったカードを受け取り山札の下に入れます。

例えば上の写真で、下のプレイヤーがお手付きをした場合は、下の写真のように全てのプレイヤーのカードを受け取ります。

下の写真は特殊カードアイアイアイが出ました。同じ色のカードが出たら、トーテムポールを掴みます。

右と左のプレイヤーの戦いとなります。

ジャングルスピード プレイ画面

勝利条件

自分の前のカードを全てめくってもゲームは終わりません。自分の前の表にしたカードも無くなれば、そのプレイヤーの勝利です。

感想です

何といっても、反射神経のゲームって単純に楽しいです。子どもと一緒でも楽しめます、というよりも子どもの方が強いかも知れません。似た形が多いのでお手付きもかなりあり、なかなか終わらない時もあります。

激しくトーテムポールを取り合うとケガをする場合もありますので、ご注意ください。

似たゲームとして「ツインイット」というゲームもあります。そちらも面白いです。

ツインイット」の紹介はこちら

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

 

Amazon

ジャングルスピード 日本語版

新品価格
¥3,500から
(2018/10/13 15:06時点)

楽天

【新品】【即納】ジャングルスピード 日本語版 ホビージャパン(HobbyJAPAN)

価格:4,493円
(2018/10/13 15:06時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事