ゆっくり行こうぜ!(GO SLOW!) ルール&レビュー すごろく系 ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「ゆっくり行こうぜ!(GO SLOW!)」の紹介です

野菜畑で一大レースが開かれます。カタツムリたちはベストを尽くします・・・そう、誰よりも遅くゴールしようと・・・。

最後まで残れたカタツムリが勝利するレースなのです!。

ゆっくり行こうぜ!(GOSLOW!)

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 15分

ゲームの概要

手札2枚から1枚を出して、そのカードの指示に従って自分のカタツムリコマを動かします。野菜のカードの時は、他のコマを通り越して進みますが、それ以外のカードは相手コマを押しながら進みます。

ゆっくり行こうぜ!

ゴールしてしまうと負けです。最後までコースに残ったプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

カタツムリコマです。

ゆっくり行こうぜ!

野菜畑のコースが4組あります、これをランダムにつないでコースを作ります。

ゆっくり行こうぜ!

カードです、40枚あります。

ゆっくり行こうぜ!

野菜畑コースをランダムにつないでコースを1直線に作ります。

カタツムリコマをスタート地点に置き、カードを良くシャフルして山札とします。

カードを手札として2枚ずつ配ります。

以上で準備完了です。

ルール説明

スタートプレイヤーを決め時計回りに手番を行います。

手番では、カードを1枚出してカタツムリコマをカードの指示に従って進めます。

カタツムリコマは一方向にしか進めません(後戻りは出来ません)

その後、カードを1枚山札から引きます。

カードの説明

カードは4種類あります。

左から野菜・眠るカタツムリ・矢印の無い数字・矢印がある数字です。

野菜カードを出した場合は、コースの先のカードと同じ野菜のマスで一番近い空きマスに移動します。

途中にカタツムリコマがあっても飛び越えます。

ゆっくり行こうぜ!

ゆっくり行こうぜ!

眠るカタツムリカードは1回休みです。手番をパスします。

矢印の無い数字カードは、自分のカタツムリコマを数字の分だけ進めます。もし途中にカタツムリコマがいたらそのカタツムリコマを押しながら一緒に進みます。

ゆっくり行こうぜ!

ゆっくり行こうぜ!

矢印のある数字カードは、コースの1番後ろにいるカタツムリコマをその数字分進めます。もし途中にカタツムリコマがいたらそのカタツムリコマを押しながら一緒に進みます。

ゆっくり行こうぜ!

ゆっくり行こうぜ!

注意 1つのマスには1つのカタツムリコマしかいられません。

ゆっくり行こうぜ!

進むことが出来ずコースの1番最後の端から出てしまったり、押し出されたりしてコースから出た場合はゲームから脱落です。

ゆっくり行こうぜ!

もし、山札が無くなったら捨て札を再びシャフルして山札とします。

以上の手番を繰り返していきます。

ゲーム終了条件

コース上にカタツムリコマが最後まで残ったプレイヤーの勝利です。

感想

手札が2枚しかなく、ほとんどが野菜カード(40枚中30枚)なので、運の要素がかなり強いゲームになっています。よって、ゲームの作戦を練るといった感じではなく、みんなですごろくを楽しむパーティ系ゲームです。

面白いのは相手のカタツムリコマを押しながら進むところですね。出来るだけコースの後ろにいる方が有利なのですが、なかなか上手くいかないです。

子供と一緒にプレイすると面白いと思いますが、大人同士だとちょっと物足りないかも知れませんね・・・。

すごろく系のボードゲームは安定した面白さがあるので、家族で楽しむときは良いかも知れません。

以上「ゆっくり行こうぜ!」の紹介でした。

すごろく系ボードゲーム

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事