フォーセール 初心者に優しい軽い競り系カードゲーム ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「フォーセール」の紹介です

入札による競りによっとブラフによって最高の不動産を手に入れ、その不動産を売却し、1番多くのお金を獲得したプレイヤーの勝利です。

入門の競り系ボードゲームとして最適のカードゲームになっています。

フォーセール

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 3人~6人 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

まず、コインチップで場に出された人数分の枚数の不動産カードを競り落としていきます。競りに参加しないでパスするときは、1番価値の低い不動産カードを取って競りから降ります。

これを繰り返していき、すべての不動産カードを競り落としていきます。

次に、獲得した不動産カードを手札にして、今度は資金カードを獲得していきます(不動産の売却)。不動産の価値が高いカードを出したプレイヤーから、大きい金額の資金カードを取っていきます。1番多くの資金を集めたプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

不動産カードです。30枚あり、1から30までの数字が描かれています、数字が高いほど価値のある不動産です。

フォーセール

資金カードです。0ドルから15,000ドルのカードが2枚ずつ(ただし1,000ドルは無し)の計30枚あります。

フォーセール

コインチップです。1,000ドルと2,000ドルコインがあります。

フォーセール

不動産カードと資金カードを別々にシャフルして、2つの山札として置きます。

各プレイヤーはコインチップを受け取ります。

3人~4人の時、2,000ドル 2枚 1,000ドル 14枚  

5人~6人の時、2,000ドル 2枚 1,000ドル 10枚

3人プレイ時は、不動産カード資金カードをそれぞれ6枚選び、表を見ないで箱にしまいます。

4人プレイ時は、不動産カードをと資金カードをそれぞれ2枚選び、表を見ないで箱にしまいます。

ルール説明

まず、フェイズ1を行い、それが終了したらフェイズ2を行います。

フェイズ1 不動産購入

スタートプレイヤーは、不動産カードの山札からプレイヤーの人数分だけカードを表にして置きます。

フォーセール

まず、スタートプレイヤーが入札(任意の金額のコインを自分の前に置く)するかパスするかを選択します。

次のプレイヤーは入札されている場合は、それ以上の金額入札するかパスするかを選択します。これを繰り返していき、1人のプレイヤー以外の全員がパスしたら1ラウンドの競りが終了します。

1番価値の高い(数字の大きい)不動産カードを獲得したプレイヤーが次のスタートプレイヤーになります。

注意 コインチップの数は非公開情報です。他のプレイヤーに見せないようにします。

パスした場合

パスしたプレイヤーは、その時点で1番価値の低い(数字の小さい)不動産カードを中央の表のカードを受け取ります。獲得した不動産カードは裏にして自分の前に置きます。

また同時に競りに使用したコインチップの金額の半分(端数切捨て)を手元に残し、残りは銀行に(箱に)戻します。

例えば下の写真で、3,000ドルを場に出していてパスした場合は、1の数字の不動産カードを受け取り、1,000ドルを手元に戻し、2,000ドルを銀行に戻します。

フォーセール

もし、スタートプレイヤーがすぐにパスした場合は、1の不動産カードを受け取って、そのプレイヤーはラウンド終了です。

これを、山札の不動産カードが無くなるまでラウンドを行います。

フェイズ2 不動産売却

資金カードの山札から人数分の資金カードを表にして並べて置きます。

フォーセール

各プレイヤーは、1枚の不動産カードを裏にして場に出します。一斉に表にして数字の大きい不動産カードを出したプレイヤーは、1番金額の大きい資金カードを受け取ります。

フォーセール

下の写真の場合は、赤い矢印の資金カードを獲得する訳です。

フォーセール

これを資金カードが無くなるまで繰り返します。

資金カードが無くなったらゲーム終了です。

得点計算

資金カードの金額とコインチップの金額を合計します。1番多い金額を獲得したプレイヤーの勝利です。

感想

競りのボードゲームなのですが、毎回全員がカードを獲得できる優しい競りのゲームなので、初心者の方でも十分楽しめます。

第1フェイズで獲得した不動産カードを使い、第2フェイズで資金カードを取っていくというのが面白いですね。

第1フェイズでは、最初の手番のときにパスすればタダで不動産カードが必ず手に入るので、公開された不動産カードが近い数字だった場合は、パスするのも戦略の1つです。最後はコインチップの金額も合計するので、第1フェイズに出来るだけお金を使わない方が良い訳です。

ゲーム展開によっては、フェイズ1の競りがあまりなく、パスだけで進んでしまう可能性もあります。よって、競りゲームという意味ではちょっと物足りないと思うプレイヤーも出てくると思います。

第2フェイズは、並んだ資金カードの数字を見ながら、何を出していくのを考えるのが楽しいですね。この場合も、近い金額の資金カードが並んだときは、小さい数字の不動産カードを出せばいいわけです。

フォーセール

初心者の方には優しい展開のボードゲームですが、ゲーマーの方だともっとヒリヒリする競りボードゲームをやりたいという声もでるかも!?

以上「フォーセール」の紹介でした

競り系のボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

フォーセール 完全日本語版

新品価格
¥2,551から
(2019/4/21 15:58時点)

楽天

ボードゲーム フォーセール 完全日本語版[アークライト]《取り寄せ※暫定》

価格:1,940円
(2019/4/21 15:59時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事