ブードゥープリンス(Voodoo prince) カードゲーム トリックを取るな!それとも取る?! ルール説明 ボードゲーム

 

今回は「ヴードゥプリンス(Voodoo Prince)」の紹介です

ゲームデザイナーはライナークニッツィアです。トリックテイク系のカードゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~5人 ゲーム時間 20分

1から15までのカードが6色あります。人数によって使う枚数が異なります。

下の表のように、1段目がプレイ人数・2段目が使うカードの数字の上限・3段目が各プレイヤーに配るカードの枚数・4段目がゲームから抜ける獲得トリック数を表しています。

もし4人ならば1から12までのカードを使い、一人あたり配るカードは13枚、取るトリック数は3となります。

ルールを説明します

カードをよくシャフルして、各人数に応じた枚数を配ります。(4人プレイ時で説明すると各13枚を配ります。)

1枚のカードをめくり、その場に表にして置きます。そのカードの色が切り札となります。

スタートプレイヤーは、手札から場に1枚カードを出します。時計回りに、次のプレイヤーは、同じ色のカードを出さなくてはなりません(マストフォローと言います)。全員が1枚ずつ出し終わったら1トリック終了です。

1番大きい数字を出したプレイヤーは、そのトリックを取った(そのトリックに勝った)ことになります。これで1トリック獲得になります。場にあるカードを裏にしてひとまとめに重ねて自分の前に置きます。

下の写真の場合は、緑10を出したプレイヤーがトリックを獲得します。

もし、同じ色のカードが無い場合は、好きな色のカードを出して構いません。

下の写真の場合は、スタートプレイヤーが下のプレイヤーだとすると青の11を出した下のプレイヤーがトリックを獲得です。

ただし、切り札が出た場合は、切り札の1番大きな数字を出したプレイヤーがトリックを獲得します。

写真の場合は、スタートプレイヤーが下だとすると、黒の4を出した右プレイヤーがトリックを獲得します。

また、特殊ルールとして、0の数字のカードは同じ色の最大値のカード(人数によって最大値のカードは異なる)に勝ちます。

下の写真の場合は、4人プレイならば12が最大のカードなので青の0を出した右のプレイヤーがトリックを獲得します。

ただし、これも切り札が出た場合は0のカードの効果は無くなります。

写真の場合は、上の黒の6を出したプレイヤーがトリックを獲得します。

2番目の特殊ルールとして、5または7のカードでトリックに勝った場合は、2トリック獲得となります。



終了条件

3回トリックに勝ったプレイヤーは、ゲームから抜けます。3トリックを獲得したプレイヤー以外が1人になった時(つまり1人残ったときに)ゲーム終了となります。

得点計算の方法

自分が3トリック取ったときに、自分以外のプレイヤーが獲得したトリック数が得点になります。最後の残った1人のプレイヤーのみゲーム終了時の自分のトリック獲得数が得点になります。

下の写真の場合は、下のプレイヤーは3トリック獲得したのでゲームから抜けます。下のプレイヤーの得点は4点となります。

これで1ラウンド終了です。これを5回(5ラウンド)繰り返し、総合得点が1番多いプレイヤーの勝利です。

感想です

このルール、言われてみれば誰でも思いつきそうなのに今までなかったのが不思議ですね。このカードゲーム面白いです。

当たり前ですが、最初は勝ちたくないですよね、最初に3連勝したら0点ですから・・・。でも1人2人と3トリック獲得してゲームから抜けていくと、今度はトリックに勝って早く抜けたくなります。途中からの空気が一変するところが楽しいです。

トリックテイキングのカードゲームは、本当にたくさんありますが、これはその中でもかなり良いゲームではないでしょうか。

以上「ブードゥープリンス(Voodoo Prince)」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

Voodoo Prince - Familienkartenspiel

新品価格
¥1,823から
(2018/10/9 09:48時点)

楽天

Schmidt Spiele 75049ブードゥープリンスカードゲーム【楽天海外直送】 - Schmidt Spiele 75049 Voodoo Prince Card Game

価格:2,161円
(2018/10/9 09:49時点)
感想(0件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事