きつねのパーティー(大きさ比べ) 記憶力の勝負!? ボードゲーム カードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「きつねのパーティー(大きさ比べ)」の紹介です

キツネはパーティーの準備で大忙しです。「これで準備はバッチリ!」最初に来るのは誰かな?ハリネズミさん?カエルさん?・・・。誰が来るかな?・・・。記憶力が大事なゲームです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~5人 ゲーム時間 15分

アリからクマまでの、7種類のカードが9枚(アリとクマは8枚)ずつあります。

左から右に行くほど大きい生き物です。これを覚えておきます。

カードの上に大きさの順番が描かれてます。

ゲームの目的は自分の手札を全て無くすことです。

カードをよくシャフルして、各プレイヤーに12枚づつ配ります。配られた12枚のカードは自分の前に裏のまま山札として重ねて置きます。残りのカードは表にして中央に置きます。

ルールを説明します

自分の手順になったら、自分の前の山札からカードを1枚めくり表にして出します。手番の最初にめくる時は、中央の山札の生き物より「大きい」「小さい」「同じ」の3つの内どれかを宣言します。

下の写真の場合、きつねより「大きい」「小さい」「同じ」を宣言します。

めくった時に、正解ならば

自分の手順を続けるか・終わりにするかを選択します。

続ける場合

 今自分がめくったカードより「大きい」「小さい」「同じ」の3つの内どれかを宣言します。

下の写真の場合は、アリより「大きい」「小さい」「同じ」を宣言します。

終わりにする場合

 今までめくったカードを全て中央の山札の上に置きます。そして、次のプレイヤーの手番となります。

下の写真の場合、次のプレイヤーはカタツムリより「大きい」「小さい」「同じ」を宣言してから、カードをめくります。

めくった時に、失敗したならば

今までめくったカードを、順番を変えずにそのまま裏にして自分の山札の下に入れます。

終了条件

これを繰り返し、自分の手札がすべて無くなったプレイヤーの勝ちです。


感想です

正直なところ最初にルールを読んだときは、「このゲーム面白いの?」と思いました。結局、最初の1巡目は運だけど、2巡目は記憶したプレイヤーが勝つだけだのゲームだよね・・・。

ルールが単純すぎて、ゲーム成り立つの?と感じでしたが、いざ2人と3人でやってみたら意外と白熱したんです。

単純なことが、逆に期待したより面白かったという事態を生みました。確かに記憶力抜群の人とやったら、私なんかすぐ負けます。でも、皆さんそんなに皆記憶力が良いわけでもなく、意外と間違えたりして、それが面白かったです。

子どもとやると、ちょうど良いゲームだと思います。大人同士でやっても、ルールが単純ですのですぐプレイできるし、単純だから面白い面があります。

ずっとやり続けるゲームではありませんが、ちょっとした合間にプレイできるし、私のように記憶力が低下していく世代の人には脳のトレーニングとしても良いゲームです。

以上「きつねのパーティー(大きさ比べ)」の紹介でした。

 

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

キツネのパーティー 日本語版

新品価格
¥1,296から
(2018/10/19 16:09時点)

楽天

大きさ比べ

価格:1,400円
(2018/10/19 16:10時点)
感想(0件)

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事