リング迷路 意外と奥が深い!?うっかり見落としに注意! 子どもでも大人同士でも楽しい ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです!

今回は「リング迷路」の紹介です

自分の色のリングを置いて転がして迷路を脱出しましょう!2人専用の意外と奥の深い戦略ボードゲームです。

リング迷路

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人専用 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

自分の色のリングをボードの周囲の溝に置き1つ転がします。これを交互に繰り返し、対辺(向き合っている辺)にリングが繋がったプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

リングを置くボードです。縦と横にリングを置くための溝があります。

リング迷路

リングです、オレンジと緑があります。

リング迷路

ルール説明

下の写真の青い線の向かい合う辺に自分の色のリングを繋げていきます。

リング迷路

まず、ボードの好きな位置に1番外側の溝に1個リングを置きます。

リング迷路

置いたらそれを1つの溝の分だけ転がします。これを各プレイヤーが交互に手番を行います。

リング迷路

下の写真のように、既にその列にリングがある場合は、

リング迷路

1つずつ移動します。

リング迷路

もし、1つ移動することで逆の側にあるリングが出てしまう場合は、

リング迷路

そのリングは押し出されてしまいます。押し出されたリングは後でまた使用出来ます。

リング迷路

ただし、押し出すことが出来るのは自分の色の場合のみです。

下の写真のように、自分の(緑)リングを転がして相手の(オレンジ)のリングを押し出すことは禁止です。

リング迷路

以上を交互に繰り返し、対辺に繋がったプレイヤーの勝利です。

下の写真は、オレンジ色のプレイヤーのリングが上から下まで繋がったのでオレンジ色のプレイヤーの勝ちです。

リング迷路

感想

簡単ルールですので、子どもでもすぐにプレイ出来ます。しかし、実際にプレイするとなかなか思い通りにはならず、なかなか奥が深いゲームでした。

相手が繋がりそうなので邪魔するはずが、全部1個ずつズレていくので自分が繋げようと思ったところがダメになったり、逆に相手に有利になってしまったり・・・。

リング迷路

あと、相手のつながりを阻止したと思ったら別のところを繋げられたて負けたりします。「クアルト」というボードゲームに似ていて、うっかりして相手に負けるということが起こります。

クアルト」の紹介はこちら

子供と一緒に遊べるゲームとしても良いし、大人同士での真剣勝負にも良いボードゲームだと思いました。

リング迷路

以上「リング迷路」の紹介でした

2人専用ゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

Amazon

リング迷路 FVF84

新品価格
¥1,900から
(2019/9/2 09:55時点)

楽天

リング迷路 FVF84(1コ入)

価格:1,425円
(2019/9/2 09:56時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事