アニマルマインド 相手と正直に取引をしましょう! マイルドなブラフ系カードゲーム ボードゲーム

 

こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「アニマルマインド」の紹介です

正直であることは商売に不可欠です。と同時に、すべてを語らず、したたかであることも必要です。

あなたはずる賢い動物の商人。さあ、人気商品を取引の始まりです。果たして自分が一番得をするような取引ができるでしょうか?!

アニマルマインド

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 30分

ゲームの概要

プレイヤーは手番になったら山札から1枚カードをめくります。そのカードを他のプレイヤーには見せないで自分だけが見ます。

そのカードを他のプレイヤーに対して受け取るように(取引)話をします。その時に情報として「そのカードの種類」または「そのカードの数字」を言います。

言われたプレイヤーはそのカードを受け取る拒否するのかを決めます。受け取るならば受け取りカードを裏返します。拒否するならば拒否カードを裏返します。

拒否した場合は、そのカードはカードを山札からめくったプレイヤーの物になります。手に入れたカードは同じ種類ごとに重ねていきます。

アニマルマインド

これを繰り返していき、決算カードがめくられたらカードの得点計算に入ります。

得点計算は、「カードの枚数」×「1番上にあるカードの数字」です。

3回決算カードがめくられたらゲーム終了です。最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

商品カードです。ミルク・卵・動物・毛皮の4種類あります。

アニマルマインド

各種類ごとに商品カードに数字が描いてあります。0の数字が5枚・1の数字が5枚・2の数字が3枚です。

アニマルマインド

受け取り・拒否カードです。受け取りの裏面が拒否となっています。

アニマルマインド

各プレイヤーごとに3枚ずつあります。

得点チップです。

アニマルマインド

受け取り・拒否カード3枚を受け取りの面が2枚、拒否の面が1枚になるように自分の前に並べます。

アニマルマインド

商品カードをよくシャフルして、6枚取りだし決算カード1枚とよく混ぜます。残りの商品カードを3つの山に分けて1つの山を7枚の上に乗せます。そこに2枚目の決算カードを置きます。その上に2個目の山を乗せます。その上に3枚めの決算カードを置き最後の山を乗せます。

つまり、決算カードが、上手く分散するように山札を作る訳です。

山札を中央に置きます。

アニマルマインド

以上で準備完了です。

ルール説明

スタートプレイヤーを決めて、時計回りに手番を行います。

手番では、山札からカードを1枚引いて他のプレイヤーに見えないように自分だけそのカードの表を見ます。

アニマルマインド

自分以外の1人のプレイヤーを選び、引いた商品カード「種類」または「数字」のどちらか1つのみを伝えます。

例えば上の写真の商品カードならば「毛皮」または「1」のどちらかを言います。

言われた(取引を持ちかけられた)プレイヤーは、そのカードを「受け取る」または「拒否する」のどちらかを選択します。

受け取った場合は、受け取り・拒否カードの1枚の受取面を裏返します。受け取ったプレイヤーは、商品カードを自分の前に表にして置きます

拒否した場合は、受け取り・拒否カードの1枚の拒否面を裏返します。拒否されたプレイヤーは、商品カードを自分の前に表にして置きます。

例えば下の写真の場合は、商品カードを受け取ったのでその商品カードを表にして自分の前に置き1枚の受取の面を裏返して拒否の面にします。

アニマルマインド

よって、左のプレイヤーは、受取が1枚・拒否が2枚になりました。

アニマルマインド

自分の前の商品カードは、種類ごとに並べておきます。後から受け取った商品カードを必ず上に置きます。

アニマルマインド

持てる商品カードの種類は3種類までです。

下の写真のような場合は、必ず商品カードを受け取らなければなりません。

もし受け取ったカードが4種類目の時は、1番枚数が多い種類の商品カードをすべて捨てます(同じ枚数の時は1番上の数字が大きい方です)。

代わりに受け取ったカードを並べます。

アニマルマインド

動物の商品カード3枚を捨てて、卵の商品カードを並べます。

アニマルマインド

逆に、下の写真のような状態になったら、拒否しかできない訳です。

アニマルマインド

また、山札からめくったカードが決算カードの場合は即座に点数計算に入ります。

得点計算

種類ごとに「商品カードの枚数」×「1番上のカードの数字」が得点です。

下の写真の場合、毛皮は3枚×2=6点・卵は2枚×1=2点・ミルクは3枚×0=点の合計8点です。

アニマルマインド

点数分の得点チップを受け取ります。

決算後は商品カードはそのままです。そのままゲームを続けます。

以上で手番終了です。

以上の手番を繰り返して行きます。

ゲーム終了条件

3回目の決算カードがめくられたら、即座にゲーム終了です。3回めの得点計算を行います。

最も得点の多いプレイヤーの勝利です。

感想

基本的にカードを裏のまま1枚相手に提示して、相手側はそれを受け取るか拒否するかだけの非常に単純なカードゲームです。そういう意味ではカードゲーム「ごきぶりポーカー」と同じ仕組みになっています。

しかし、こちらの「アニマルマインド」は、ウソを言うのではなく正直に「種類」または「数字」を言うだけになっているのと、受け取りと拒否がカードに示されているので、自由に受け取りと拒否が出来ない点が異なります。

カードがすべて「受取」になっていると0のカードを押し付けられたり、4種類目のカードを押し付けられたりします。また、すべて「拒否」になっていると、手番プレイヤーが自分の欲しいカードを自由に取ることが出来ます。

よって、受け取りと拒否のカードの面にも注意しながら判断しなければならない訳です。

相手がどういうことを考えてカードを提示してきているのかをよく考えて受け取り・拒否をしていかなければなりません。

軽い感じの心理戦が楽しめるカードゲームになっています。イラストが可愛いので、初心者をゲームに誘う時に重宝しそうな気がします。

アニマルマインド

以上「アニマルマインド」の紹介でした

ブラフ・心理戦のボードゲーム紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

アニマルマインド

新品価格
¥1,699から
(2019/7/23 09:07時点)

楽天

アニマルマインド

価格:1,944円
(2019/7/23 09:07時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事