スカル(SKULL) 髑髏と薔薇 はったりをかまそう! 名作ブラフゲーム ボードゲーム

 

こんにちは ボドゲおじさんです!

今回は「スカル」を紹介します

名作ブラフゲームです。内容は暴走族の意地の張り合いをゲームにしたものだそうです。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数2人~6人 ゲーム時間 30分

まずデザインがきれいで良いですよね。

下の写真が各プレイヤーに配られる4枚の丸いカードです。3枚はバラ・1枚はドクロです。

各プレイヤーごとにデザインが異なります。暴走族のチームシンボルのイメージでしょうか?なかなかカッコイイと思います。

このゲームの目的は、各プレイヤーがはったりをかまし、バラのカードを宣言した枚数だけめくることが2回出来ればそのプレイヤーの勝利となります。

ルール説明

各プレイヤーは4枚のカードを持ち、まず1枚を裏にして場に出します。

スタートプレイヤーは次の2つのうちどちらかを実行します。

1 カードを裏向きに1枚追加する

2 バラのカードを何枚めくるか宣言する

前のプレイヤーが「カードを出す」を実行した後は、1または2のどちらでも選べます。しかし、あるプレイヤーが2の「枚数宣言」したあとのプレイヤーは前のプレイヤーよりも枚数宣言を増やすか、パスのどちらかを選びます。

つまり、枚数宣言後は、何枚めくれるかのはったり勝負となります。

一人以外のプレイヤーが全員パスした場合は、その最後に残ったプレイヤーはカードをめくっていきます。上の写真のように右のプレイヤーが残った場合、めくり方は、まず自分の前に置いたカードを全て表にした後、他のプレイヤーのカードをめくっていきます。

自分のカードをめくった後は、各プレイヤーのカードは、好きなところを好きな枚数だけ上からめくっていきます。

例えば宣言が5枚だった場合、下の写真のようになれば成功です。

スカル

しかし、下の写真のように、5枚目を左のプレイヤーからめくりドクロがでたら失敗です。(何枚目でもドクロが出た時点で失敗です)

失敗した場合は、ドクロを引かされたプレイヤーは、失敗したプレイヤーのカードを裏のままから1枚引き誰も見ないで箱にしまいます。そのプレイヤーは次回は3枚でゲームに参加します。つまり、4回失敗したらカードが無くなりますので、ゲームから脱落します。

次のスタートプレイヤーは、枚数宣言に勝ちカードをめくったプレイヤーからとなります。

先程書いたように、2回宣言枚数をめくれたらそのプレイヤーの勝利です。

感想

すごく単純なルールなのに、こんな面白いゲームを作れるなんて、世の中には頭いい人たくさんいますね!!

勝つためには、自分の前のカードはすべてバラにしなければならないですよね。だからと言って毎回バラを置いて、強気で宣言していたら、他のプレイヤーにバラが置いてあると思われ、相手がめくるときにどんどんめくられて相手が勝利してしまう可能性があります。

もし枚数を大きく釣り上げて自分がめくれたとしても、他のプレイヤーに意図的に枚数を釣り上げさせられて、相手のカードにはドクロが入っている可能性が高い・・・。

相手にドクロをめくらせるため、自分のカードにドクロを仕込めば、自分は絶対その回は勝つことが出来ません。ゲームをやって意味が分かってくると、このゲームの凄さが分かります。「よっしゃ!」とか「キャー」という悲鳴が聞こえてくるゲームです。かなり盛り上がりますよね。

すごいジレンマ、悩みますよね~~~??? でも、いくら悩んでも、悩むほどますますわからなくなる・・・。

面白いですね、ブラフゲームの名作です。人数多いほうがより楽しめると思います。

今日は「スカル」の紹介でした。

ブラフ系ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 8点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

スカル 日本語版

新品価格
¥2,200から
(2018/10/4 15:06時点)

楽天

カードゲーム スカル 日本語版[ホビージャパン]《10月予約》

価格:2,200円
(2018/10/4 15:08時点)
感想(0件)

【送料無料】Skull Card Game - スカル カード ゲーム ( Skull & Roses - 髑髏と薔薇 )

価格:3,680円
(2018/8/8 14:32時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事