ひらがなポーカー 言葉系カードゲーム 言葉を作れ!!! ルール説明 ボードゲーム紹介

 

こんにちはボドゲおじさんです!

昨日本屋に行ったらたまたま「ひらがなポーカー」というのが売っていたので早速買ってきました。言葉系のカードゲームです。「ワードバスケット」「ワードスナイパー」などと同じ言葉系のカードゲームです。

今回は「ひらがなポーカー」の紹介です

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 5分

ひらがなカードと透明の濁点・半濁点などのカードがあります。〇はワイルドカード(どの文字にもななる)です。

ルール説明

よくシャフルして、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。残りのカードは山札です。

スタートプレイヤーから、好きな枚数を捨てて同じ枚数のカードを山札から引きます。これを2回ずつ繰り返します。その後一斉に手札を見せてカードで言葉が出来ていたら、得点です。

5文字50点、4文字40点、3文字30点、2文字20点で計算します。

これを何回か繰り返して合計得点が多いプレイヤーの勝利です。


その他の追加ルールとして、面白い言葉を作った人の勝ち・特定のテーマの答えをした人には追加点・他のプレイヤーの作った言葉と合体出来たら追加点などがあります。

他の遊び方として、ひらがなしりとり・ひらがな宝さがし、ひらがなクロスワードなども説明書には載っています。

感想

 

非常に単純なルールで、短時間でわいわい楽しめるのではないでしょうか。「ワードバスケット」「ワードスナイパー」などひらがな系の言葉遊びカードは面白いのが多いですよね。

「ワードバスケット」の紹介はこちら

「ワードスナイパー」の紹介はこちら

以上「ひらがなポーカー」の紹介でした。

言葉系ボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

 

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームへ戻る

Amazon

ひらがなポーカーBOOK ([バラエティ])

新品価格
¥1,190から
(2018/10/7 11:50時点)

楽天

ひらがなポーカーBOOK [ シエ ]

価格:1,234円
(2018/8/12 07:16時点)
感想(3件)



広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事