こんにちは!ボドゲおじさんです。

今回は「ボードゲーム」の紹介です

最近「インパクト」という名前でリメイクされた「ストライク」、ダイスを振って同じ目を出していく簡単なボードゲームです。簡単ですが、なかなか白熱した展開が繰り返し起こるボードゲームです。

ストライク STRIKE

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~5人 ゲーム時間 15分

ゲームの概要

プレイヤーは、ダイスアリーナにダイスを1個投げて置かれているダイスにぶつけることによって、出来るだけ同じ目を出すようにします。同じ目が出たときはダイスを獲得できます。

それ以外のダイスはそのまま残ります。

ストライク

これを順番に繰り返し、最後までダイスを持っているプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

ダイスが沢山あります。1の目は無く、その代わりに×のマークが描かれています。

ストライク

ダイスアリーナです。ここにダイスを振っていきます。

ストライク

各プレイヤーは決められた個数のダイスを持ちます。

2人9個・3人8個・4人7個・5人6個

最初に1個のダイスを好きな数字を上にしてダイスアリーナに置きます。(4人プレイ時)

ストライク

以上で準備完了です。

ルール説明

スタートプレイヤーを決めて、時計回りに手順が回ります。

手番では、サイコロを1個ダイスアリーナの中に振ります。当然ダイスアリーナの中にあるダイスにぶつけてダイスの目を変えて構いません。(というより当ててダイスの目を変えていく必要があります)

ダイスを投げた結果によってやることが異なります。

ダイスアリーナの中に同じダイスの目がある場合

同じ目のダイスをすべて取りだして自分のダイスとします。次の人に手番が回ります。

下の写真の場合は、5の目が2個なので

ストライク

2個を自分の前に置きます。

ストライク

下の写真の場合は、2の目と6の目の4個を自分の前に置きます。

ストライク

目がすべて異なる場合

もう一度ダイスを1個投げるか、パスして次のプレイヤーの手番とするのどちらかを選びます。

その結果、同じ目が出ればダイスを取って次の手番、異なる時はまたどちらかを選びます。

×の目が出た場合

×の目のダイスは、ダイスアリーナから取り除き、ゲームから除外されます。つまりダイスの数が減っていくわけです。

しかし、手番が終わるのではなく、残りのダイスが異なる目の場合は、1個振るか・パスを選びます。

ストライク

ダイスが外に飛び出た場合

ダイスを投げたことによって、投げたダイスあるいは当たったダイスがダイスアリーナの外に出た場合は、そのダイスは除外されて、そのプレイヤーの手番は強制的に終了となります。

ストライク

ダイスアリーナにダイスが無い場合

前のプレイヤーの手番ですべてのダイスが取り除かれていた場合は、プレイヤーは自分が持っているすべてのダイスをダイスアリーナに投げ入れます。

ダイスを投げるときの注意

ダイスを投げる前には、ダイスアリーナの中のダイスは手で持って自由に置きなおすことが出来ます。

注意 ただしダイスの目を変えることは出来ません。

例えば下の写真のような場合に、動かして

ストライク STRIKE

下の写真のように、まとめてからダイスを振ることができます。

ストライク STRIKE

以上のことを繰り返していきます。

もし、自分の手番の時にダイスが1個もない場合は、そのプレイヤーはゲームから脱落します。

ゲーム終了条件

最後に1人残ったプレイヤーの勝利です。

感想

ただダイスを投げるだけそれだけです、ほとんど運だけのゲームなのですが何故か白熱します!なんかダイスがいっぱいあるだけでワクワクしますよね!

ダイスを振ること自体が面白いゲームです。自分のダイスがドンドン増えていくのも楽しいし、自分のダイスが減ってきて、ダイスアリーナのダイスを狙って勝負するのも楽しいですね。

大逆転もあるのがいいですね、普通のゲームはなかなか大逆転というのが難しいですよね!終盤はもう負け確定みたいなゲームも沢山ありますよね。でも「ストライク」の場合は一発逆転もあります!

ボードゲームを知らない人や未経験の人と遊ぶ時もダイスを振るだけなので、誘うのに最適ですよ!

ぜひ一度プレイしてみて下さい。

以上「ストライク」の紹介でした

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

ストライク (Strike) ボードゲーム

新品価格
¥3,986から
(2019/3/7 14:28時点)

楽天

ストライク (Strike) ボードゲーム

価格:5,067円
(2019/3/7 14:29時点)
感想(0件)

ダイスを使うボードゲームの紹介

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事