ラブレター 名作カードゲーム 姫に恋文を! ルール説明 ボードゲーム

 

今回は「ラブレター」を紹介します。

お姫様に憧れた恋する若者になり、姫に恋文を渡す、というストーリーのゲームです。いろいろな賞を取っています。人気のゲームでいろいろな派生ゲームが出ています。

ゲーム難易度 ★☆☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人くらい ゲーム時間 5分

基本のカードは8種類16枚のゲームカードで構成されています。カードの左上の数字はカードの強さを表しています。

ゲームの目的は、最後に大きい数字のカードを残す、または脱落しないで最後の1人としてゲームに残ることです。

ルールを説明します

16枚のカードをよくシャフルして、山札として場に置きます。ここから1枚のカードを伏せたまま箱にしまいます。このカードは、今回のゲームでは使用しません。

次に各プレイヤーは山札から1枚引いて手札とします。スタートプレイヤーから順番に山札からカードを1枚引き、手札2枚から1枚を場に出して、そのカードの効果を発動します。

各カードの効果を説明します。

兵士 強さ1 枚数5枚

効果 対象のプレイヤーに「兵士」以外のカード名1つを宣言し、手札と一致したとき脱落させる

道化 強さ2 枚数2枚 

効果 対象のプレイヤーの手札を見る

騎士 強さ3 枚数2枚

効果 対象のプレイヤーと自分の手札の強さを密かに比べ、小さい数字の方を脱落させる

僧侶 強さ4 枚数2枚

効果 次の手番まで、自分に対する効果を無効にする

魔術師 強さ5 枚数2枚

効果 自分または対象のプレイヤーの手札を捨て札にして、山札から1枚カードを引く

将軍 強さ6 枚数1枚

効果 対象のプレイヤーの手札と交換する

大臣 強さ7 枚数1枚

効果 手札の合計が12以上である場合脱落する

姫 強さ8 枚数1枚

効果 このカードが捨て札に置かれた場合、脱落する

これを時計回りに繰り返していきます。山札が無くなるか、1人以外すべて脱落した場合にゲーム終了です。

山札が無くなった時は、最も大きい数字を持っているプレイヤーの勝利です。

1人以外が脱落した時は、残ったプレイヤーの勝利です。

追加カード

下の写真の6枚は、追加カードです。追加するときは、同じ数字のカードを除きます。王の場合は追加するだけでOKです。



感想です

非常に簡単なルールのため、初心者でもすぐプレイできます。すぐプレイできるのはとても良い点です。16枚という少ないカードなのに、いろいろな展開があり、面白いです。

凄いときには、「兵士」カードで、あてずっぽうに言われて脱落なんて言うこともあります。慣れてくるとだんだん読み合いのゲームとなっていきますので、いろいろなゲームをやっているゲーマーにとっても面白いゲームだと思います。

あまり考えなくても!?、じっくり読み合いでもどちらでも楽しめるカードゲームです。

以上「ラブレター」の紹介でした。

おじさんの独断ボードゲーム評価 7点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

Amazon

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

新品価格
¥1,491から
(2018/10/5 11:17時点)

ラブレター ケン・ニイムラ版 (Love Letter) カードゲーム

新品価格
¥1,573から
(2018/10/5 11:18時点)

楽天

ラブレター【新品】 カードゲーム アナログゲーム テーブルゲーム ボドゲ 【メール便不可】

価格:1,689円
(2018/10/5 11:31時点)
感想(2件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事