こんにちは!ボドゲおじさんです

今回は「くだものあつめ」の紹介です

森にすむおさるさんは、くだものに畑の種をまき、育ったくだものを集めまた種をまきます。おさるの世界では種がお金なので、たくさん種を貯めて、新しい畑を買いましょう。誰よりも畑を大きくしたおさるさんが、1番幸せなおさるさんになれるのです。

という話で始まる「くだものあつめ」、マンカラシステムを採用した見た目の鮮やかなボードゲームになっています。

くだものあつめ

ゲーム難易度 ★★☆☆☆ ゲーム人数 2人~4人 ゲーム時間 30分

マンカラの紹介はこちら

ゲームの概要

種をまきながら、種をまきが終わった場所のくだものと同じカードを市場から買う、またはそのカードのくだものの個数だけおかね(種)を獲得したりしていきます。カードを市場からかうためにはおかねが必要になります。

カードのセットを早く揃えたプレイヤーの勝利です。

ゲーム準備

畑カードです。各プレイヤー下の写真の同じ7枚の畑カードを使用します。

上段の左にあるのがおうちカード、その隣が雨カードです。その他はくだものが描かれています。

くだものあつめ

たねコマです。各プレイヤーは18個のタネコマを受け取ります。

くだものあつめ

市場カードです。この市場カードを集めていくことがゲームの目的です。

くだものあつめ

市場シートです。この市場シートの下の所に市場カードを並べます。

くだものあつめ

代表者1人が、畑カードのなかからおうちカードを1枚置きます。その他の6枚は裏向きでシャフルして、円形に並べます。この円状のカードに並べた7枚のカードを「」といいます。

くだものあつめ

他のプレイヤーは、この代表者が並べた「」と同じような並び順で「」を自分の前に作ります。

中央にたねコマ18個を置きます。

おうちカードの時計回りの隣のカード3枚にたねコマを2個ずつ乗せます。

くだものあつめ

市場カードをよくシャフルして、山札として置き市場シートの下の場所に4枚表にして並べます。

くだものあつめ

以上で準備完了です。

ルール説明

最初に種まきについて説明します。

種をまく(マンカラシステム)の説明

あるカードに乗っているたねコマをすべて取り、時計回りにたねコマを1個ずつ置いていきます。

くだものあつめ

くだものあつめ

最後にたねコマが置かれたカードを「ターゲーット」と呼びます。

以上が種まき(マンカラシステム)の説明です。

スタートプレイヤーを決め、時計回りに手順を行います。

1.プレイヤーの種まき

まず初めに種まきを行い、「ターゲット」のカードを決定します。

2.ターゲットに対するアクション

もし、ターゲットおうちカードの場合は、種まきをもう一度行います。

次にプレイヤーは、以下の2つから1つを行います。

①水やり

ターゲットに、描かれているくだものの数だけ、(パイナップルなら1個、バナナなら2個・・・)中央のタネコマを取りターゲットの上にたねコマを置きます。

雨カードの場合は2個のたねコマ雨カードに置きます。

下の写真の場合ように、ターゲットがぶどうカードならば中央のたねコマ1個をぶどうカードの上に1個置きます。

②市場カードを買う

ターゲットに描かれているくだものを市場シートにある4枚の市場カードから買います。買うためにはおかね(たねコマ)が必要です。おかねはおうちカードに乗っているたねコマを使います。

買う値段(たねコマの数)は、「カードに描かれているくだものの数」+「市場シートにあるたねコマの数」です。その数のたねコマおうちカードから取り、中央のたねコマに戻します。

例えば、下の写真のいちごを買う場合は、いちご3個+上にあるたねコマ2個=5個のタネコマを支払う必要があります。

くだものあつめ

市場カードを獲得したら、プレイヤーはそのカードを自分の前に表にして置きます。

市場シートの空いたカードの場所には左から市場カードをずらして移動します。その後空いた1番左側の場所に山札からカードをめくり補充します。

以上の手番を繰り返していきます。

ゲーム終了条件

市場カードが下の4種類のセットのうちのどれか1つになったら、または山札から最後の市場カードがめくられたら、スタートプレイヤーの右隣まで手順を行いゲーム終了です。

くだものあつめ

いずれかのセットを作ったプレイヤーの勝利です。複数いる場合は、セットの市場カードに描かれているくだものの数の合計が多いプレイヤーの勝利です。

感想

マンカラ」はとてもいろいろな遊び方がある奥の深いゲームです。それを誰でも遊べるように、遊び易くデザインもカラフルにしたボードゲームですね。

基本的にソロプレイっぽい感じで、自分の欲しいカードを獲得するために種をまき、お金を貯めていき目的のカードをターゲーットにしていくことなります。

しかし、相手が欲しそうなカードを先に取っていくなどのプレイヤー同士の絡みもちゃんとあります。自分の目の前の畑に集中しながらも、相手の動きもちょっと見るという感じかな!?

ボードゲームになれていない人でも子供でもとっつき易いゲームだと思います。デザインが女性・子どもと一緒にプレイするのに最適ですね。親子でプレイするのも楽しいかも知れません

拡張もあります

くだものあつめ

以上「くだものあつめ」の紹介でした

子どもも楽しいボードゲームの紹介

おじさんの独断ボードゲーム評価 6点(10点満点)

ボードゲーム紹介一覧へ

ホームに戻る

楽天

【中古】ボードゲーム くだものあつめ 2nd Edition

価格:3,280円
(2019/3/25 09:16時点)
感想(0件)

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事